THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第20回 吹き抜けはアソークの小宇宙や~(ばい彦摩呂) バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

2015年9月23日 配信

2013年4月3日 掲載

自腹で泊まったホテル
グランド ミレニアム スクンビット ホテル
(Grand Millennium Sukhumvit Hotel)

 

立地的にBTSアソークの駅からは3,4分歩きます。いや、女子的に言うとヒールで歩けば日本では3,4分の道のりに7,8分かかることも!地下鉄は反対側の出口なので、反対側のフラマホテルに宿泊の人は便利なのかな。アソーク駅直結が3つもあるので(ウエスティンの場合はロビンソン経由だけど)、存在感が薄くなりつつあります。栄枯盛衰(ぼそっ)・・・。

さあ、歩いて汗だくになったところで入ってみましょう!

なんということでしょう(ばいサザエ声の人)。

バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

ダークブラウンの落ち着いたカーペットに、チーク材を思わせる木材、シルバー、白をバランスよくあしらった、モダンすぎない重厚さ。
あらあ、素敵。

フロントのスタッフも事務的でありながら笑顔を絶やさず、非常に気持ちが良いです。

で、あの、帆船の帆のような作りの中身が気になって気になって夜も眠れないというあなた(いるのかよ!?)のために、驚きの構造を激写してみました。

うわーーーー!すごぉおおーい!

どこまで吹き抜けなんですかこれ?

バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

2階のレストランにはガラスの天井がはってあり、それ以上がすべて吹き抜けって感じよ!

バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

これ、スターウォーズとかに出てくる、巨大宇宙船の中みたいじゃなーい(うる覚え)?

紳士のデ●ズニーラ●ド、タニヤ直結のホテル、旧パンパシフィック(現クラウンプラザ)の吹き抜けも、さすが男子の夢の国!とため息が出そうなものすごい吹き抜けに度肝を抜かれたっけ。

言われてみればここも某通りが激近いな・・・まさか夢の国?

いや!そんなことないやい!さあ、そう信じてお部屋に入ってみよう!

第21回 素敵なアメニティと「こんにちはお風呂」 につづく

(記事・写真 吉田彩緒莉)

自腹で泊まったホテル
グランド ミレニアム スクンビット ホテル
(Grand Millennium Sukhumvit Hotel)

関連記事

第25回 五つ星ホテルの麗しいダイニングでワイン飲み放題~! バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」
第24回 朝食&ランチ共、日本人に細やかな心遣い バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

第23回 大きなデイベッドで大の字で寛ごう!こじんまりとした屋外プール バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

第22回 落ち着きがいい。上品かつモダンな客室 バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

第21回 素敵なアメニティと「こんにちはお風呂」 バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

第19回 アソークの上品ホテル、外見はドバイっぽい? バンコク「グランド ミレニアム スクンビット」

吉田 彩緒莉(よしだ さおり)

お酒大好き、タイ大好き

ミュージシャンの事務所での会報編集や、国内旅行情報誌の編集・ライター、アイドルサイトのライターなど、ささやかに文でご飯を食べている者。日々たまるストレスを癒すべく「あーあ、貧乏人のオラでも贅沢できる国はないだべか?」とつぶやきながら初めて降り立った タイランド・・・あの日から十数年。 あまりにもコストパフォーマンスのよいタイのホテルにのめり込み、ストーカーのようにタイの最新ホテル情報をチェックしまくる日々。そのため、ガイドブックのホテルページの部屋が違うホテルだったのを、何度も見つけては優越感に浸るインケンさも持ち合わせる。常に貧乏のため、高いホテルではなく、いかにコストパフォーマンスが良いか、どうやったら安く泊まれるのか、ということに喜びを感じているので「オリエンタルホテル、泊まってないじゃーん」とか「ゲストハウスのレポないじゃーん」とは思われるはず。それからタイは好きだけどまだ行っていない場所もあるから、網羅はしてないよ(照)。

わかりやすすぎるタイトルのブログ「タイ大好き!」で、タイのおいしいお店やら、エピソードをひたすら書き綴り中。
タイ大好き! http://plaza.rakuten.co.jp/gogoyosee/