THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

新型コロナ保険に加入~外国人不可もあり、外国人可でも要ワークパーミット

2020年3月19日 配信

タイでは新型コロナウイルスの感染者が確認されただけで200人を超え、娯楽施設やスポーツ施設などもバンコクやパタヤなどでクローズになり、感染が身近に感じられるようになってタイ国民の間ではどんどん不安が広がっているようです。



そうなると売れるのは保険ですね。新型コロナウイルスのための保険(以下コロナ保険)を各社が発売していて、銀行でもお手軽に購入できるのですが、販売終了になったりするようで、購入するなら早めが良さそうです。

カシコン銀行で聞いてみると、コロナ保険は既に販売が終了していて、現在は保険会社の保険を販売しているそうです。ただし外国人不可。

タイ貯蓄銀行(GSB)とサイアムコマーシャル銀行(SCB)のコロナ保険は外国人も購入可能。ただしパスポートとワークパーミットが必須です。

娯楽施設の閉鎖が始まった3月18日夜にデパートに行ってみると、サイアムコマーシャル銀行(SCB)前には100人以上の人が集まっていました。聞いてみるとオンラインでなく窓口販売限定のコロナ保険を買い求める人たちでした。どうやら窓口限定コロナ保険販売の最終日が19日だそうで、そのために人が殺到していたんです。

以下が窓口販売のみのコロナ保険の金額と保障額です。こちらもワークパーミットがあれば外国人の購入は可能。

ばっちり内容を理解したわけではありませんでしたが、この波に乗ろうとこの場で購入することにしました。なお順番待ちをした時間は約2時間。順番が来たら15分ほどで購入完了でした。

ちなみに知人は昼間にタイ貯蓄銀行(GSB)で、パスポートとワークパーミットを持っていって、待ち時間ゼロで850バーツのコロナ保険に入ったそうです。