THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ATMの引き出し金額の単位が中途半端~それは銀行の心遣いだった!

2019年10月7日 配信

ATMの引き出し金額の単位が中途半端~400バーツ、900バーツ…

「全然お金がない!」ということで立ち寄ったATM。たまたま近くにあったタナチャート銀行のATMは、ちょっと変わっていました。いや、恐らくそれはちょっとした心遣いだったのです。



タイのATMで「引き出し」を選ぶと、ワンプッシュで金額を選択して引き出すことができます。もちろん任意の金額を打ち込むことも出来ますが、個人的には圧倒的にワンプッシュ選択を利用しています。

今回利用したタナチャート銀行のATMで驚いたのは、選択できる引き出し金額が中途半端だったこと。400バーツ、900バーツ…1500バーツはいいとして、1900バーツ。

ご存じの通りタイの紙幣の種類は20バーツ、50バーツ、100バーツ、500バーツ、1000バーツ。普通だったらATMの引き出し金額は500バーツ、1000バーツ、2000バーツだったりするのですが・・・。

不思議に思ったものの、すぐに「これは心遣いだ」と気付きました。タイでは例えば屋台などでは500バーツ札や1000バーツ札を出すと「お釣りがない」と言われることも少なくなく、小さい単位の現金を持っていたほうが便利なのです。

思い返せば、自分でもATMで現金を引き出す時に、自ら900と打ち込んで、1000バーツ札1枚でなく、100バーツ札も手に入れていました。

タナチャート銀行、なかなかやりますね!