THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

チェンライ名所巡り~トゥクトゥクをチャーター、6ヶ所巡って1000バーツ

2019年10月2日 配信

タイ北部チェンライの名所巡り。白い寺、黒い家、青い寺と色々あるのですが、白い寺ひとつ行くにしても片道15キロくらいあるのです。遠いな~。普段は地方に行くとオートバイをレンタルして巡るのですが、今回はトゥクトゥクをチャーターすることにしました。



バスターミナルに停まっていたトゥクトゥクに「白、黒、青の3ヶ所巡っていくらですか?」と聞くと、600バーツと言われて即決。早速出発です。

道中に気が変わって、3ヶ所以外にも見たいので「1000バーツ払うので、別の場所もお願いします」ということで、お任せで巡ってもらいました。

 

白い寺、ワット・ローンクン(ホワイトテンプル)

วัดร่องขุ่น

最初に向かったのはワット・ローンクン。ホワイトテンプルとも呼ばれる真っ白な寺院です。

ワット・ローンクンは、チェンライ出身のアーティスト、チャルーンチャイ・コーシピパット氏がデザインした寺院で、1997年から建設がスタートしています。歴史的な寺院ではないので、ありがたみは少なげですが、その美しさから多くの観光客が集まります。チェンライのハイライトですね。

外から見るだけなら無料。

中に入るには50バーツのチケットを購入する必要があります。

先は長いので、早めに移動。途中トゥクトゥクにガソリンを入れて、次の場所へ!

 

大仏様、ワット・フワイプラーカン

วัดห้วยปลากั้ง

つづいては大仏様のワット・フワイプラーカン。遠くに見える大仏様で、その巨大さがわかりますね。

丘の上の高さ69メートルの観音様です。

実はこの中に入ることができて、頭の部分は展望台になっています。入場料40バーツを支払い、エレベーターで上へ!

お客さんを迎えるスタッフの女性はチャイナ服。

ぜひこの景色を見に、ワット・フワイプラーカンを訪れてみましょう。

 

黒い家、バーンダム

บ้านดำ

チェンライ中心部方面に戻って黒い家、バーンダムです。

ここはチェンライ出身のアーティスト、タワン・ダッチャニー氏による施設のランナー様式の黒い家の博物館。アートがお好きな方は是非

 

青い寺、ワット・ローンスアテン

วัดร่องเสือเต้น

づづいて青い寺、ワット・ローンスアテンです。この寺院は先程の白い寺をデザインしたチャルーンチャイ・コーシピパット氏の弟子であるプッター・ガープケオ氏が手掛けたもの。境内は素晴らしく美しかった!

 

 

かつてメッラルドブッダが置かれていたワット・プラケーオ

それにしても白、黒、青、大仏さまとチェンライの名所は、最近できたものばかりなんですね。しかしワット・プラケーオは違います!15世紀に建立された歴史的寺院です。

ワット・プラケーオと聞いて思い浮かぶのは、バンコクにあるワット・プラケーオですね。実は今バンコクのワット・プラケーにある「エメラルドブッダ」は、かつてチェンライのワット・プラケーオ置かれていたのだとか。

 

最後はトゥクトゥク運転手さんのオススメ食堂

1000バーツトゥクトゥク貸し切りツアーの最後を飾ったのは、運転手さんオススメの食堂。美味しいカオソーイ(北タイ名物カレー麺)が食べたいとの希望を伝えて連れて行ってくれたのが「ポージャイ」という食堂。

「ポージャイ」については、後ほどご紹介します。

チェンライ「ポージャイ」はトゥクトゥク運転手オススメのカオソーイ食堂

----

というわけで、トゥクトゥクをチャーターしたチェンライ巡りは、6ヶ所で1000バーツでした。きっと希望すれば、まだ他の場所にも連れて行ってくれたでしょうか、暑いので5ヶ所で打ち止めです。

トゥクトゥクのチャーターは、オートバイであちこち巡るよりも楽チンで安全で、オススメですよ!