THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ロットトゥー(乗合バン)で気軽にタイ国内旅行

2015年9月23日 配信

ロットトゥー(乗合バン)で気軽にタイ国内旅行

旅行者にはなかなか縁がありませんが、タイでは庶民の足としてロットトゥーとよばれる乗合バンが利用されています。ロットトゥーで気軽にタイ国内旅行へ!

ロットトゥー乗り場はどこ?

バンコクから地方都市へ行く長距離バスを利用する場合は、郊外にあるバスターミナルへ向かわなければいけないため、時にそこまでの移動がなかなか大変だったりします。しかしロットトゥーを利用する場合は、街のあちこちに乗り場があるため非常に便利。バンコク市内では戦勝記念塔周辺にロットトゥー乗り場が集まっています。以下の地図(写真)の乗り場は外国人の利用も多いようで、目的地が英語でも書かれているため利用しやすくなっています。


大きな地図で見る

また、ロットトゥーの便利なところは、電話などで予約をしておけば、通り道であれば都合の良い所で乗車が出来ること。まさに庶民の足ですね。もちろん下車も通り道であればどこでもOK。降りたい場所を運転手さんに告げましょう。

ロットトゥー(乗合バン)で気軽にタイ国内旅行

外国人の利用が多くない乗り場になると、行き先の表示はタイ語のみです。
上の写真はラムカムヘン通りのロットトゥー乗り場。パタヤ方面行きで価格は130バーツ。

 

ロットトゥー利用のメリットは?

1、融通のきく乗車下車

乗車下車については融通が効きます。前述のとおり、都合の良い場所で乗車下車が可能です。トイレに行きたくなった時も、運転手さんに伝えれば近くのガソリンスタンドに寄ってくれるので、遠慮せずに言いましょう。

2、目的地に早く着く。

バスターミナルに行く手間も省けますし、ロットトゥーは大型バスに比べてスピードを出すことが多いため、目的地に早く着くことが多いです。

ロットトゥー利用のデメリットは?

1、タイ語しか通じないことが多い

なんといってもタイ人の庶民の足ですので、タイ語以外は通じないことが多いです。そんな時は気持ちでぶつかりましょう(笑)

2、シートが狭く、大きい荷物は別料金?

沢山の人が乗れるように、車内のシートは狭めになっています。荷物をおく場所がほとんどないため、足元や座席下に置けないような大きな荷物の場合は、もう一人分の料金を払って座席に荷物を置くことになります。

3、寒い

大型バスと同様にエアコンが効きすぎていて寒いことが多々あります。それに加えて頭のすぐ上に扇風機があることがあり、直接風邪が当たって凍えそうになります。上着は必須ですね。

4,事故が多い

運転手によっては猛スピードで運転をするため大型のバスに比べて目的地に早く着くことが多いです。しかしその半面事故も多いようです。

ロットトゥーは地方への移動以外にも、バンコク市内の路線バスの走っていない地域の足としても利用されています。例えばセントラルワールド前からもバンコク市内を走るロットトゥーに乗車が出来ますので、一度試してみてはいかがでしょうか。