THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

格安航空会社(LCC)を利用して交通費を節約しよう

2015年9月23日 配信

格安航空会社を利用して交通費を節約しよう

年に一度のタイ旅行、バンコクだけでなく地方都市も観てみたいと思うひとも多いと思います。今では気軽に利用ができるLCCといわれる格安航空会社が普及したことで、時間と移動費を大幅に節約する事が可能になりました。

早い時期の予約で激安フライトを探す

タイで利用できる格安航空会社には、日本でも就航を初めたエアアジアや鳥のペイントのノックエア、オリエント航空などありますが、ここではウェブサイト予約が日本語で利用可能なエアアジア(http://www.airasia.com/)を見てみます。

なんといってもお得なのは早期の予約。あらかじめ先の予定が決まっていれば、今のうちにチケットを押さえてしまうのも1つの手です。例えば2013年のゴールデンウィークのタイ旅行が決定。南部の都市ハジャイまで足を伸ばしてみたいとします。

ゴールデンウィークの真っ最中、4月29日にバンコクからハジャイ(ハートヤイ)に出発し、5月3日にハジャイ(ハートヤイ)からバンコクに戻るフライトを見てみると・・・

格安航空会社を利用して交通費を節約しよう
(2012年12月26日に確認をした価格です。価格は変動することがあります。)

格安航空会社を利用して交通費を節約しよう
(2012年12月26日に確認をした価格です。価格は変動することがあります。)

なんとその日のプロモーション価格の最安値が税金込みで往復5206円!驚きの安さですね。同じ日のタイ国際航空の価格が1万7600円(6330バーツ)なので差し引き1万2000円以上もお得です!

ところが激安航空券は早い者勝ち。悩んでいる間に安いものからなくなってしまう可能性が大なんです。早めの購入を!

格安航空会社のデメリットは?

安くて嬉しい格安航空会社ですが良いことばかりでもありません。ここでは格安航空会社のデメリットも見てみます。 (エアアジアの場合)

1,食事もない、ドリンクもない、毛布もない

普通は飛行機に乗ると食事やドリンクが無料で振舞われて毛布も無料貸し出しが当たり前ですが、格安航空会社では全て有料です。食事などは予約時に予め手配をしておけば、機内での支払いよりも安いようです。

2,遅延が多い

格安航空会社はよく遅延が多いと言われます。他社便への乗り継ぎなど目的地で到着直後にはずせない予定があるという人は、利用を避けるというのも考えるべきかもしれません。基本的に他社への振替もありません。

3,シートが狭い

一度のフライトで多くの人を運ぶため、シートのピッチは狭めになっています。どうしても狭いのは無理という人は有料でややゆったり目のシートを選ぶことも出来るようです。

4,預け荷物が有料

機内持ち込みの荷物は無料ですが、預け荷物は有料です。重さによって価格がかわりますのでご注意を。

結論: 格安航空会社の利用は早めの予約と自己責任で!

―タイの主な格安航空会社―

エアアジア http://www.airasia.com/
オリエントタイ http://www.orient-thai.com/
ノックエア http://www.nokair.com/