THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

政権批判のフランス人に入国拒否、在タイ約20年で家族も

2021年11月28日 配信

政権批判のフランス人がタイ入国拒否、在タイ約20年でタイに家族も

タイの政権をからかうことで知られる49歳のフランス人男性が2021年11月27日朝、プーケット空港に到着しましたが、入国を拒否されました。


タイ入国拒否されたのはフランス人のYan Marchal氏で、18年間タイに住み、家族と子供がおり、ソフトウェアビジネスの仕事をしている人物。SNSで政治的意見を表明し、政権批判を行ってきましたが、これまで逮捕歴はありません。

Khaosod EnglishによるとYan Marchal氏は、入国管理局から「君主制を攻撃したことで国家の安全を脅かしている」と言われ、強制的に飛行機でパリに戻されることになったと語ったとのこと。

Yan Marchal氏の弁護士は『入国管理局は彼を強制的にタイから追い出すことはできません。彼は何の刑事犯罪も犯していません。彼にはタイで仕事もあり子供もいますが、入国管理局からのレターには「公衆に危険を及ぼす可能性がある 」と書かれていました。それは彼の権利に影響するので、入国管理局は明確に説明する必要があります」と語ったと伝えられています。

Yan Marchal氏は同日バンコクへ移動し、TG930便でフランスに戻りました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   スポンサーリンク