THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

12月1日からタイの公共交通機関の運転手にポイント減点制度を導入

2021年11月18日 配信

タイ運輸省陸運局 (Department of Land Transport、กรมการขนส่งทางบก)は2021年12月1日より、バス、タクシー、トゥクトゥク、バイクタクシーなどの公共交通機関の運転手を対象に、運転免許証のポイント減点制度を導入。一定の減点があった場合には、免許停止や免許取消が行われます。自家用車については、ポイント減点制度の対象外です。


ポイント減点制度は、公共交通機関を利用する乗客の安全に対する責任感を植え付け、運転手に交通法規の遵守を促すことを目的としているとのこと。

この制度では、各運転手に100点が与えられ、運転手が交通違反を犯すたびに減点されていきます。減点されるポイント数は、違反の度合いに応じて異なります。

運転者のポイントがゼロになった場合、90日間の免許停止となります。3年以内に3回の免許停止処分を受けた場合は、180日間の免許停止となります。

勤務中の薬物使用、免許停止中の運転、他人の安全を無視した、あるいは他人に脅威を与えるような無謀な運転、あるいは多数の負傷者や死亡者を出した重大な事故を起こした場合、さらに重大な犯罪を犯した場合は、ポイントがゼロになり、直ちに免許停止となります。。

減点されたドライバーは、試験に合格すれば2時間または4時間の講習を受けて減点分を取り戻すことができます。不合格の場合は、7日以内に3回のテストを受け直すことができます。

免許停止となった場合、免許を取り戻すために4時間講習に申し込むことができます。テストに合格し、停止期間が過ぎれば、100のデメリットポイントを受け取り、免許を取り戻すことができます。

 

▼関連記事
タイの運転免許証のポイント減点制度、2021年4月1日より開始予定
運転免許のポイント減点制、2019年12月中旬より運用開始へ