THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクではラマ8世橋とオンアーン運河で「ロイクラトン祭り」を開催

2021年11月9日 配信

バンコク都は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、厳格な予防対策の下で、 「ロイクラトン祭り(Loy Krathong Festival)」  を開催する計画です。


2021年のロイクラトンは、11月19日(金)。

タイ国政府観光庁によるとロイクラトンとは『タイのロイクラトン祭りは水の祭典とも呼ばれています。「ロイクラトン」とは、灯籠(クラトン)を川に流す(ロイ)というタイの人々の間で古くから続いていた風習です。河川の水位がもっとも高く、旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜に人々が川岸に集まり、川の女神“プラ・メー・コンカー”へ感謝の気持ちを捧げます。地方により形式が異なりますが、バナナの幹や葉などで模った灯籠の上にロウソクと線香を立て、川に流したのが始まりです。』というもの。

バンコク都は、ラマ8世橋とオンアーン運河で「ロイクラトン祭り」を開催。さらに感染対策の下で30の公園で、灯籠を流すことができるようにする予定です。ただし花火、爆竹、ランタン飛ばしなどは禁止となります。

 

▼関連記事
タイ首相、感染防止対策の下でのロイクラトン開催を承認