THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコク首都圏配電公社、話題の写真は電線でなく通信線

2021年10月16日 配信
バンコク首都圏配電公社、話題の写真は電線でなく通信線

写真はバンコクの電線のイメージです。記事とは関係ありません。

「Bangkok dreaming…」とTwitterに投稿したのは、現在バンコクで映画撮影中の俳優ラッセル・クロウ氏。そのメッセージ添えられていたのは、バンコクの電線の写真でした。


今やバンコク名物とも言える、素人目には何が何だか分からない街の電線。2016年には、ビル・ゲイツ氏がバンコクの電線の写真を自身のFacebookに掲載して、世界的な話題になりました。

今回改めてラッセル・クロウ氏がバンコクの電線の写真を投稿したことで、タイの人々の間では「この電線は危険ではないか」や「見栄えが悪い」などの意見が上がったようです。

それらのタイの人々の批判的な意見に対してバンコク首都圏配電公社(Metropolitan Electricity Authority:MEA)は2021年10月15日、「常に安全を非常に重要視している」と釈明し、ラッセル・クロウ氏が投稿した写真はバンコク首都圏配電公社が管理している電気ケーブルや電源ケーブルでなく、人々に危険を及ぼすことはない通信回線のケーブルであると明らかにしています。しかしバンコク首都圏配電公社は、関連機関と協力して回線やケーブルの変更を行っており、責任者には改善策を伝えていると付け加えました。

▼関連記事
ラッセル・クロウがタイで映画撮影中、Twitter投稿で明らかに