THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

殺人容疑の元警察署長(愛称ジョー・フェラーリ)を逮捕

2021年8月27日 配信

タイ東部チョンブリ県のタイ警察センスク警察署は2021年8月26日(木)午後4時頃、殺人容疑で指名手配中だったタイ警察ムアンナコンサワン署の前署長であるティティサン・ウタナポン(ธิติสรรค์ อุทธนผล)容疑者(39歳)<愛称ジョー・フェラーリ>を逮捕しました。


一部メディアでは、ティティサン・ウタナポン容疑者はミャンマーに逃亡し、ミャンマーで逮捕されたと伝えられましたが、実際はチョンブリ県におり、出頭したと伝えられています。

事件が起きたのは、8月5日。麻薬を販売した疑いで逮捕された男(24歳)が、ティティサン・ウタナポン容疑者から釈放させる見返りとして200万バーツを要求されました。しかし麻薬犯の男は、その要求を断ったことで、頭からビニール袋を被されるなどの拷問を受け、死亡。その一部始終を捉えた動画が内部告発により拡散され、事件が発覚しました。

逃走中の拷問署長(月給4万3,330バーツ)、ランボルギーニ・フェラーリ・ポルシェなど高級車29台所有
警察署長らによる賄賂要求の拷問で容疑者死亡

ティティサン・ウタナポン容疑者は逮捕後、麻薬犯の男の死は事故であり、市民を守るために違法な麻薬取引に関する情報を入手しようとしただけだと主張。麻薬犯の男は捜査に非協力的だったと述べ、賄賂を要求し、拷問で殺害したことは否認していますが、自身の行動が間違っていたことは認めています。


▼関連記事
逃走中の拷問署長(月給4万3,330バーツ)、ランボルギーニ・フェラーリ・ポルシェなど高級車29台所有
警察署長らによる賄賂要求の拷問で容疑者死亡