THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

プーケットのアオウミガメの体内からゴミ349個

2021年8月25日 配信

2021年7月23日にプーケット・カタビーチで発見された、体長28センチ、体重3キロのアオウミガメの糞便から、これまで127グラム、合わせて349個のプラスチックなどのゴミが排出されました。



アオウミガメが発見された時は元気がない状態で、X線写真から、消化管にゴミが詰まっていることが分かりました。

排出されたゴミは、49%がプラスチック繊維、19%が軟質プラスチック、16%が硬質プラスチック、10%がビニール袋、4%がペットボトル、2%が袋繊維でした

現在アオウミガメは、ケープ パンワのシリーターン海洋絶滅危惧動物救助センターで飼育されています。

 

▼関連記事
若いオスの象の死体を発見、腸内にビニール袋などのゴミ
野生のシカの死体の胃の中にビニールなどゴミが7キロも
【環境汚染】パタヤでビニール袋に絡まった亀の死骸みつかる
タイでビニール袋80枚を飲み込んだクジラが死ぬ