THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

私立病院がモデルナ1000万回分の購入求め10月納入へ、接種料1回4000バーツ以下に

2021年6月7日 配信

タイの私立病院がモデルナ1000万回分の購入求め10月納入へ、接種料1回4000バーツ以下に

タイ私立病院協会(The Private Hospital Association Thailand、สมาคมโรงพยาบาลเอกชน)は、アメリカのモデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンを、政府医薬品機構(The Government Pharmaceutical Organization、องค์การเภสัชกรรม)を通じて、最大1,000万回分購入することを求めており、2021年10月までに納入される予定です。



私立病院協会会長によると、モデルナ社製ワクチンを輸入しているZuellig Pharma社と購入について協議しており、進歩状況は良好です。またモデルナ製ワクチン1回分の費用は1,200バーツになる見込み。それにサービス料や保険料などを加算しても、4000バーツ以下になるとのことです。

モデルナ製ワクチン接種料~1回1,900バーツ、2回3,800バーツ

これまでタイは、モデルナ社に加えて、アストラゼネカ社、シノバック社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社、シノファーム社の新型コロナウイルスワクチンを承認しています。

 

▼関連記事
タイ、中国シノファーム製の新型コロナウイルスワクチンを承認
タイ、米モデルナ新型コロナウイルスワクチン「mRNA-1273」を承認