THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

隔離4日目からプチ開放「エリア検疫」がチェンマイやパタヤなどで試験実施へ

2021年3月5日 配信

隔離4日目からプチ開放「エリア検疫」がチェンマイやパタヤなどで試験実施へ

タイに入国した外国人旅行者が隔離施設の自室で3日間過ごした後に、陰性であれば限られた区域で行動が可能になるという「エリア検疫」が実現に向かっています。



観光スポーツ省ピパット・ラチャキットプラカーン大臣が2021年3月4日、保健省と216の観光事業者と会談後に、「エリア検疫」を4月から開始する計画を明らかにしました。

「エリア検疫」は、外国人旅行者に人気のある5つの県、チェンマイ、プーケット、クラビ、スラタニ(サムイ島、パンガン島)、チョンブリ(パタヤ)で試験的に実施されます。

外国人旅行者は最初の14日間の隔離検疫期間の最初の3日間を隔離施設となっているホテルの自室で過ごした後、新型コロナウイルス検査を受けて陰性であれば14日間の隔離検疫期間が終了するまで、ホテルの敷地内で自由に行動ができます。

この計画は、タイ国政府観光庁(TAT)が監督する29の旅行代理店を通じて運営されます。

The government on Thursday unveiled its “area quarantine” plan to open Thailand to foreign tourists from next…

The Nation Thailandさんの投稿 2021年3月4日木曜日

 

▼関連記事
プーケットでリゾート検疫がスタート、隔離6日目から自室を出てホテルの施設を利用可
タイ観光省が主要観光県にワクチン配分を提案&エリア検疫はロシアが最初か