THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

ホアランポーン駅が2021年11月で閉鎖、タイ国鉄労働組合が反発

2021年1月31日 配信

新たにタイ国鉄バンコク中央駅となるバンスー駅が2021年11月に開業するのに合わせて、現在の中央駅であるホアランポーン駅が閉鎖されると鉄道当局者により明らかにされたのが1月22日のことでした。これについて、タイ国鉄労働組合(SRWU)からは反対の声が上がっています。



以前は、ホアランポーン駅は閉鎖されること無く運行本数は減少するものの、継続して利用されると伝えられていました。(参照 タイ国鉄ホアランポーン駅は閉鎖せず、2021年のバンスー駅開業後も使用継続)しかし一転して閉鎖が伝えられたことでタイ国鉄労働組合は運輸大臣に対し、ホアランポーン駅費用継続を求める請願書を提出したとのこと。

タイ国鉄労働組合よるとホアランポーン駅の全面閉鎖は、通勤者の数千人が不便を強いられるになるため、影響を軽減させるために、いくつかのルートの運行継続を求めました。

ホアランポーン駅の駅舎は、1916年に竣工した100年以上の歴史があるもの。今後は、鉄道博物館として利用されると伝えられています。

The State Railway Workers’ Union has rejected the plan to close all train services at Hua Lamphong Station. #BangkokPost #Thailand

Bangkok Postさんの投稿 2021年1月30日土曜日

 

▼関連記事
バンスー中央駅は2021年中に開業、既に外観は完成
タイ国鉄ホアランポーン駅は閉鎖せず、2021年のバンスー駅開業後も使用継続