THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

クラスター発生のサムットサコン県、外国人は県の出入り禁止や夜間外出禁止など

2020年12月20日 配信

500人を超える大規模なクラスター(感染者集団)が発生したサムットサコン県のマハーチャイ市場。サムットサコーン県当局は緊急会見を2020年12月19日夜に行い、感染拡大抑制のための制限措置を発表しました。



在タイ日本国大使館によると、制限措置は外国人の県境出入り禁止や、夜間外出禁止など以下の通りです。

●12月19日から1月3日までの以下施設を閉鎖する。
中央エビ市場、娯楽施設、教育機関、運動場、ムエタイ場、その他多くの人々が集まる施設。

●同期間、食堂についてはテイクアウトのみ営業を認める。なお、病院、ホテル内及びショッピング・センター内の飲食店の営業は引き続き可能とする。

●同期間の午後10時から翌朝5時までの外出制限について協力を要請する。

●外国人の同県への出入境を禁止。タイ人の同県への出入境についても、事前にサムットサコーン県に届け出ること’

 

▼関連記事
海産物市場クラスター余波はバンコクへ、 エビを仕入れに通った女性が感染
548人が新型コロナ陽性、サムットサコン県をロックダウン
サムットサコン県で2千人を検査、13人の陽性を確認
タイ中部のエビ販売業者の女性(67歳)が新型コロナに感染、市場は一時閉鎖
新たに3人の陽性を確認、感染したマハーチャイ市場のエビ販売女性の家族