THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

サムットサコン県で2千人を検査、13人の陽性を確認

2020年12月19日 配信

タイ中部サムットサコン県の海産物を扱うマハーチャイ市場(ตลาดมหาชัย)で、エビを取り扱うタイ人女性(67歳)の新型コロナウイルス感染が2020年12月17日判明。19日までに女性の家族3人を含めて、これまで13人の陽性が確認されています。



タイ保健省アヌティン大臣によると、女性は12月13日に症状が出て、その後の検査で感染を確認。これまでマハーチャイ市場で働く人々の殆どである2000人が検査を受けて、13人の陽性が判明しました。

548人が新型コロナ陽性、サムットサコン県をロックダウン

なお、 市場の周りに住んでいるのは約4000人と推定され、そのほとんどは外国人労働者であり、居住者の約10%がタイ人であるとのことです。

More than 2,000 people in Samut Sakhon province who might have been at risk of infection have been tested for Covid-19…

The Nation Thailandさんの投稿 2020年12月18日金曜日

 

▼関連記事
タイ中部のエビ販売業者の女性(67歳)が新型コロナに感染、市場は一時閉鎖
新たに3人の陽性を確認、感染したマハーチャイ市場のエビ販売女性の家族