THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクの空港に取り残された「ターミナル」のナイジェリア人は3人もいた!

2020年5月19日 配信

賑わっていたときのバンコク・スワンナプーム空港

先日本サイトでもお伝えした、新型コロナウイルスの影響によるフライトキャンセルで、バンコク・スワンナプーム空港に2ヶ月間も取り残されているナイジェリア人男性。まるでトム・ハンクス主演の映画「ターミナル」さながらだと話題ですが、実は取り残されたナイジェリア人男性は1人でなく、3人もいたようです。(参照  ナイジェリア人男性、新型コロナでスワンナプーム空港に2ヶ月も足止め



3人のナイジェリア人男性のうち2人は、2020年3月21日にエミレーツ航空でスワンナプーム空港に到着し、ラオス航空でラオス・ビエンチャンに向かう予定でした。もう1人は3月24日にエティハド航空でスワンナプーム空港に到着し、バンコクエアウェイズでミャンマーへ向かう予定でした。しかしラオスとミャンマーは彼らを受け入れておらず、エミレーツ航空とエティハド航空の両方も運航を停止し、さらに彼らはタイのビザがなくタイに入国も出来ず、スワンナプーム空港に留まることを余儀なくされたのです。

その後タイ入国管理局とスワンナプーム空港、さらにバンコクのナイジェリア大使館およびエミレーツ航空とエティハド航空が連携して、彼らをアラブ首長国連邦(UAE)経由で帰国できるように支援をしましたが、UAEは6月4日までトランジット客を受け入れておらず、それも叶いませんでした。手詰まりでした。

現在彼らには、タイの治安当局らが食料や飲料、衣類などの生活必需品を提供し、エミレーツ航空とエティハド航空も支援を行っています。

なお彼らは新型コロナウイルスには感染していなかったとのこと。

Like a rerun of “The Terminal”, an American comedy-drama film based on the true story of an Iranian refugee stuck at…

Thai PBS Worldさんの投稿 2020年5月18日月曜日

 

▼関連記事
ナイジェリア人男性、新型コロナでスワンナプーム空港に2ヶ月も足止め