THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ航空が中部・福岡発着便を一時減便、新型コロナウイルスによる需要減退で

2020年2月19日 配信

タイ国際航空が中部・福岡発着便を一時減便、新型コロナウイルスによる需要減退で

拡大する新型コロナウイルスの感染。それに伴いタイ政府は、多くの感染者が確認されている日本への旅行延期を推奨する発表を行いました。(参照 タイ保健省 日本からの旅行者にスクリーニング検査実施、日本への旅行は延期を推奨



タイ政府の発表による、タイから日本へ旅行者が減少することが予想されるため、タイ国際航空(TG)は中部空港、福岡空港発着便の一時減便を発表しました。

以下が一時運行が取りやめになる便です。

【中部空港発着便】
中部空港=バンコク・スワンナプーム空港 TG647便:3月4日、5日、11日、12日、18日、19日 運航取り止め
バンコク・スワンナプーム空港=中部空港 TG646便:3月3日、4日、10日、11日、17日、18日 運航取り止め

【福岡空港発着便】
福岡空港=バンコク・スワンナプーム空港 TG649便:3月2日、5日、9日、12日、16日、19日 運航取り止め
バンコク・スワンナプーム空港=福岡空港 TG648便:3月2日、5日、9日、12日、16日、19日 運航取り止め

さらに、バンコク・スワンナプーム空港から、中国/台湾/香港/韓国/シンガポール/フィリピン/バングラディシュ路線も一時運休・減便が行われます。

詳細は以下…
◆中部/福岡発着便および一部国際線、一時運休・減便のご案内|タイ国際航空

 

▼関連記事
タイ保健省 日本からの旅行者にスクリーニング検査実施、日本への旅行は延期を推奨