THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タクシー運転手118人に罰金、乗客への不正行為で

2019年3月30日 配信

タクシー運転手118人に罰金、乗客への不正行為で

エメラルド寺院やワット・ポーがあるバンコクの王宮エリアは、タイ観光のハイライトの一つであり、世界中の観光客が集まる場所。そして観光客が集まるところには、右も左もわからない旅行者を騙して儲けようとする、悪い人々が集まってきます。



タイ警察は2019年3月29日、バンコクの王宮エリアで、特に外国人観光客などへ不正行為をしていた118人のタクシー運転手を摘発し、それぞれに罰金1000バーツを科しました。

摘発の内容の内訳は、30人が乗車拒否、17人がメーター不倒、3人が不正な車両の使用、23人がその他の不正、45人が道路交通法違反でした。

タイ陸上輸送局による公共交通機関の苦情に関するホットライン1584には、タクシーに関する苦情が2106年は43,804件、2017年には43,254件、2018年には48,223件が寄せられました。苦情の内容で多かったトップ5は「乗車拒否」、続いて「乗客に対する失礼な態度」、「危険運転」、「メーター不倒」、「目的地へ行かない」となっています。

なお王宮エリアでのタクシーの大規模摘発は昨年2018年6月にも、87人のタクシー運転手が

 

▼関連記事
タイの悪徳タクシー、1年間で14,247人を逮捕
バンコク王宮周辺で悪徳なタクシーとトゥクトゥクの運転手らを大量摘発