THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ・バンコクでの「Predator League 2019」閉幕

2019年2月21日 配信

タイ・バンコクでの「Predator League 2019」閉幕

タイ・バンコクのニミブットスタジアムで2019年2月15日から17日までの3日間にわたり開催されたAcerによるeスポーツ大会「Predator League 2019」 。アジアパシフィック地域から参加した3,530チームのトップ26チームがPUBGとDOTA2の2タイトルを争い、10,000人以上のファンが現地で熱戦を観覧。430万以上の視聴回数、ピーク時には6万以上の同時接続をマークしました。



閉会式では、「Predator League 2020」をフィリピンで開催することが発表され、Acer アジア太平洋地域担当プレジデントのアンドリュー・ホウは「特にパン・アジア・パシフィック地域において、AcerはハードウェアだけでなくeSportsエコシステムと産業を通じて若い才能に活躍の場を提供したい。Predator League 2019にご参加いただいた選手がeSportsコミュニティの一員として素晴らしいパフォーマンスを続けられることを祈っています。そして、2020年にフィリピンでまた会えることを楽しみにしています」とコメントしました。

Predator League 2019の優勝者は以下の通りです。
PUBG

● チャンピオン:AfreecaFreecs Fatal(韓国)
賞金USD75,000と副賞としてチームメンバー全員にゲーミングノートPC「Predator Helios」を進呈
● 準優勝:Purple Mood Esport(タイ)
賞金USD30,000を進呈
● 3位:Team Immunity(オーストラリア)
賞金USD15,000を進呈
※日本代表として参加した「SunSister Suicider’s」はドン勝を2回取り、5位入賞しました。

DOTA2
● チャンピオン:TNC Predator(フィリピン)
賞金USD75,000と副賞としてチームメンバー全員にゲーミングノートPC「Predator Helios」を進呈
● 準優勝:BOOM ID(インドネシア)
賞金USD30,000を進呈
● 3位:GeekFam(マレーシア)
賞金USD15,000を進呈

プレデターリーグ公式サイト
https://www.predator-league.com/
リリースページ
https://acerjapan.com/news/2019/492973