【PM2.5】新年のバンコクに大気汚染が戻る

2019年01月06日
カテゴリー: タイランドニュース

タイ公害防止局は2019年1月6日、バンコク首都圏21箇所で、危険な超微細粉塵(PM2.5)の大気汚染が存在すると報告しました。



昨年末もバンコク首都圏では深刻な大気汚染に悩まされましたが、降雨などにより一時回復。しかし年があけて再び大気汚染が広がり、タイ公害防止局は、1月7日には健康に影響を及ぼし始める中程度の大気汚染となることを警告しています。

健康状態の悪い人、小さな子供、高齢者、妊婦、慢性の呼吸器系疾患または心臓の問題のある人は、咳、呼吸困難、眼の刺激などの症状に注意する必要があります。

お出かけの際はマスク等を着用することをおすすめします。

 

▼関連記事
【PM2.5】バンコクの大気汚染は数日続く、外出時はマスクで対策などを

関連記事

タイの医療大麻、栽培法拡大を閣議決定
タイ東北部でゴールド強盗事件発生、容疑者は銃撃戦で死亡
愛する人に会うためタイに入国したい!署名活動実施中 #LoveIsNotTourism
【タイの新型コロナ】新規感染確認はロシア人女性1人<2020年8月4日>
日本の「MKレストラン」で夏のカレー鍋スープ!『コク旨マイルド 』と『 激辛ハバネロ』

新着記事

ピサヌロークのタクシー、メーター使用で初乗り40バーツ
タイの医療大麻、栽培法拡大を閣議決定
「すかいらっく」の日本のカレー屋さん「KARE’YA」
タイ東北部でゴールド強盗事件発生、容疑者は銃撃戦で死亡
愛する人に会うためタイに入国したい!署名活動実施中 #LoveIsNotTourism