THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

あるタイの小学校の悲しすぎる給食

2018年6月5日 配信

タイのFacebookページ「ชมรมstrong-จิตพอเพียงต้านทุจริต จังหวัดสุราษฎร์ธานี」に2018年5月31日に投稿された、タイ南部スラタニ県ターチャナ郡にある小学校の給食の映像が話題になっています。



給食で児童たちが食べているのは、カノムチンと呼ばれる米粉麺にナンプラー(タイの魚醤)、あるいはソースをかけただけのもの。児童によっては数切れのキュウリや少量のスープがあるようですが、極めて質素で、栄養の不足した給食です。

報道によると、保護者の証言として、小学校には給食代として児童1人当たり20バーツが役所から支給されると伝えています。この学校の場合は278人の児童で、1日当たり5,560バーツが支給されていることになります。また調理人と掃除人に合わせて1日500バーツが支払われるため、実際に食料を購入できるのは5,000バーツほど。ところが保護者によると、おそらく食料の購入費用は、予算の半分のおよそ2,500バーツであるとしています。また現在の校長になってから、質素な給食になったとのこと。

この映像が拡散されると、批判が殺到し、校長は停職に。現在は役所により、なぜ質素な給食になったのか調査が続けられています。ちなみに校長が停職になるや、ご飯に、おかずに、フルーツなど、食べきれないほどの給食が提供されるようになったのだとか。