THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

「ドンキモール トンロー」を網羅する~D-Sports、流しそうめん、さつまいも・・・

2019年9月3日 配信

「ドンキモール トンロー」を網羅する~D-Sports、流しそうめん、さつまいも・・・

暇さえあれば「ドンキ行こう!!」と子ども達と誘い合っている昨今。近場に住んでいる関係で、気持ち的には「全部回っちゃる」と意気込んではいる。今後アップデートしていくという事で、今まで訪れたところをレポート。



先ずは正面玄関に陣取る“Sweet Potato Factory”。一時よりは長蛇の列は無くなったといえ、相変わらずの人気ぶり。芋アイスやタピオカにも手を出し始めてますね。ここの焼き芋、本当に甘くてホクホクで…タイ人好みかも。

あれ、メインの“Don Don Donki”の写真が無いや。「サーモンやマグロのお寿司が美味しい」の評判を聞いて、実際美味しくてリピーターとなっている。あと冷麺やお酒も安売りしているから、常にチェックしてますね。

こちらの食材をイートイン出来るコーナーが“リトルダイニングトンロー”。「流しそうめん」が出来ると早速家族で訪れるも…マシーンが2台しか無いらしく、1時間以上待たされました。でも楽しかったのでギリセーフということで。

田中義剛を子ども達は知らない…北海道“花畑牧場”。日本に居る時はキャラメルなんか流行らせてませんでしたっけ!? 今は“のび~る”チーズフランクで、我が娘の心をがっちり掴んでおります。腹持ちの良いおやつですな。

その隣りは鳴門鯛焼き“阿波や本陣”。基本作り置きをせずにオーダーを受けてから焼くので熱々が頂けます。2つ買うと安くなるということで、娘:カスタード・息子:チョコにて父ちゃん:あんこが却下される⤵サク旨です!!

“nana’s green Tea”ではソフトクリームを頼むとわらびもちが付いてくる。濃厚抹茶とサクサクワッフル、お店の(息子曰く「健康ランドみたい」という)和のテイストが良いですね。

甘酒好きとしては“KOJI BIJIN Café”の砂糖不使用のオリジナルドリンク、甘味もしっかり出ていて僕好みです(焼酎入れたい!!)。そこにこのようなチラシが貼ってありました…。

後日“Hacco labo marukome × Nagano”を訪れる。息子と「取りあえず一緒に(西野監督と)写真取ってサイン貰おうぜ」と軽い気持ちで来たら、物凄い人。恐るべき西野監督人気。だから代わりにマルコメ君と撮る。西野監督に近づけないので、クジ引いて帰ろうとしたら突然鐘が鳴る…「何ごと!?」と振り返るとスタッフに囲まれている息子。“1等”当選、サインボールゲット…持ってるね、息子よ。

WISE(フリーペーパー)を見ていたら、“富士山そば”の文字と迫力の写真が目に付いた。「たはっ、食いたい」という事でSAGAMIへ。つけ汁がスパイシーで少しびっくりしたけど、見た目も楽しめお腹も満たされ大満足でした。

5階にいち早くオープンした“D-Sports”。メインはバッティングセンターだけど、バスケ(3on3)やクライミング、バトミントンはじめ色々な種目で遊べるコートなど…あとはゲームセンターみたいな遊具が一杯。しっかりとバットでボールをミート出来るタイ人が意外と多くびっくり。タイ人初のプロ野球選手なんて出て来たら面白いね。ちなみ“いとたく”は元Jリーガー…ってことでキックターゲットに挑戦。電気が消えている箇所は既に当てておりまして…。

パーフェクト…お後がよろしいようで。随時「2時間目から100baht」なんてポロモーションをやっているので、チェックされてみて下さい。目一杯遊べますよ。

最後に存在感抜群のドンキ号をご紹介。座席間が狭くて乗り心地はいまいちだったけど…BTSトンロー駅からエカマイ通り(Civic Horizon)⇔ドンキ・モールをピストンしております。次はカラオケやプリクラかな…どうする、娘&息子よ!?

 

DONKI MALL THONGLOR(ドンキモールトンロー)

[営業時間]
24時間営業(※店舗により営業時間が異なります。)
[住所]
107 Sukhumvit 63, Klongton Nuea, Wattana, Bangkok, Thailand
[電話]
02 301 0451
[ウェブ]
https://www.donkimallthonglor.com/

タイ/バンコク・シラチャのお部屋探し、不動産・賃貸物件情報ならディアライフ
Home Page : https://dlife.co.jp
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/p/BwHKdInHFvK/
Facebook : https://www.facebook.com/dearlife.corporation.bangkok/

伊藤琢矢(いとたく)
アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
コラム:https://www.thaich.net/itotaku
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/bkkregista/
Facebook : https://www.facebook.com/takuya.ito.35

ディアライフ営業 いとたく

ディアライフ営業 いとたく