THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第11回「機内食」

2015年9月23日 配信
kingsremedies旅と日常とスピリチュアルと・・・

初めての海外旅行をした子供の時。

機内食はおいしいと思った。

濃厚なソースのかかったステーキ。

添え野菜、サラダ、パン、デザート付き。

飲み物は飲み放題。

すべて無料。

これは感動的だった。

僕はベジタリアンだった時期もあった。

その時はリクエストでベジタリアンミールを注文していた。

他の人よりも早く持って来てくれるので、何か特別待遇を受けている感じがして好きだった。

機内食が嫌いだとか、食べたいものがないという方は、なんで自分の食べ物を持ち込まないのだろう?と思う。

ベジだった時はよく弁当を持参していたものだ。

フルーツ、ナッツ、サンドイッチ等々。

機内食が出て来るのを待つ必要がない。

お腹が減って食べたい時に食べれたのがよかった。

お弁当を作るのが面倒だとか、時間がないという方は、弁当を買えばいいのではないだろうか?

以前はよく、成田空港内で京樽のバッテラを買って機内で食べていた。

これが自分の中ではひとつの楽しみになっていた。

空の上で食べる押し寿司はなかなか美味しかった。

ちょっと優雅な気分にさせてくれた。

ロスアンジェルスではサンタモニカにある、タコスタンドのシーフードブリト。

これもよかった。

タイから帰った時は何を持ち込みしたっけ・・・?

生ものは海外に持って入国は出来ないが、機内持ち込みで、自分のお腹に入ってしまえばオッケー。

お酒や飲み物は海外便機内では無料サービスだから、おつまみさえいいものがあればいい。

ちょっと上等なチーズ、ハム。握り寿司やおつまみを持参して搭乗すれば豪華な気分になれる。

ちょっとした工夫で、普通の旅も豪華な旅へと変えることが出来るのだ。

要するに自分の気分の持ち方次第ということなんだなぁ、と思う。

【2008年9月17日掲載】