THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイの金(ゴールド)の単位「バーツ」とは?

2019年5月1日 配信

タイで(金)ゴールドを購入する時の単位は「バーツ」なんですね。通貨の単位と同じなんですか?



はい。タイでは金(ゴールド)の重量の単位は「バーツ(Baht,บาท)」となります。通貨のバーツとは表記も発音も同じです。

重さの単位としての1バーツ=15.2グラム。街のあちこちにある金の販売店(金行)へ行くと、1バーツあたりの売値・買値が店頭に表示されています。下の写真ですと、客が1バーツの金(ゴールド)を店から購入すると19,400バーツ。客が1バーツの金(ゴールド)を店に売ると19,300バーツとなります。

タイの金(ゴールド)の単位「バーツ」とは?

なおタイで販売されている金(ゴールド)は、主に23金。金の含有率は、24金が100%、23金が96.5%、18金が75%です。

金(ゴールド)は価値が世界共通で、国家が発行する紙幣の様に突然価値がゼロになるようなことはありません。なので現金を金(ゴールド)に変えて保管する人は多いです。金(ゴールド)のネックレスや指輪をしているタイ人は多いですが、現金を見せびらかせて歩いているようなもので危険は気もしますね。