THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

FES☆TIVE、パタヤを語る~独占インタビュー2019

2019年6月3日 配信

FES☆TIVE、パタヤを語る~独占インタビュー2019

2017年、2018年と2年続けてタイ・バンコクでのワンマンライブを成功させたお祭りアイドル・FES☆TIVE(フェス☆ティブ)が、2019年もワンマンライブでタイへやって来ました。しかもバンコクに加えて、もう一つのタイの都市でも開催になったのです。



その都市とは、バンコクから車で約2時間ほどの場所にある、世界中から観光客が集うパタヤ。青い海と砂浜が広がる開放的な雰囲気のビーチリゾートです。

今回タイランドハイパーリンクスは、6月2日にバンコクで開催されたワンマンライブの際にFES☆TIVEメンバーにお時間をいただき、3度目の独占インタビューとして、たっぷりとパタヤについてお聞きしました。バンコク以外のタイの街は、はじめてというFES☆TIVEメンバーたち。パタヤでは、どんな思い出が出来たでのしょうか!?

FES☆TIVEアジアツアー「THE CIRCUS」
パタヤ 2019年6月1日(土)@Diana Garden Resort
バンコク 2019年6月2日(日)@The Circus Studio
(主催 Siamdol

FES☆TIVE
http://festive.rizepro.net/

 

パタヤビーチへようこそ!

--みなさん、はじめてのパタヤはいかがでしたか?

真野彩里愛:海でした!

真野彩里愛

真野彩里愛

青葉ひなり:リゾートってこういうものなんだって感じましたね。

青葉ひなり

青葉ひなり

土光瑠璃子:日本でいうと沖縄?っていう感じがしました。

土瑠璃子

土光瑠璃子

--パタヤは世界的なビーチリゾートですからね

南茉莉花:お店が夜中までやっていて、日本ならお店はもう閉まっている時間なのに、パタヤではキラキラして、人もたくさんいて、日本と全然違う感じがしました。

南茉莉花

南茉莉花

--眠らない街・パタヤです!

南茉莉花:あと日本だとすれ違った人と話したりしないけど、パタヤだと目が合っただけで「コンニチハ」って言ってくれたりとか、ニコッてしてくれる。初対面でも接しやすい雰囲気で、フレンドリーな国だなって思いました。

 

パタヤの理由

--そもそもなぜワンマンライブの場所にパタヤを選んだのですか?

全員:えー、なんだろう?

FES☆TIVEスタッフさん:タイは一番(アイドル文化が)キテる国なんで、2箇所でライブをすることで、自分たちはタイを重視しているという姿勢を示したかったんです。パタヤとチェンマイの2箇所が候補地だったのですが、会場の都合でパタヤに決まりました。

全員:へ~、知らなかったです。

--みなさんは、なぜパタヤだと思っていましたか?

真野彩里愛:バンコクの次に有名な場所なのかなって・・・。

白石ぴあの:日本でいう大阪、名古屋っていう感じ?

白石ぴあの

白石ぴあの

 

パタヤでキレイな写真がたくさん撮れた!

--実際訪れたパタヤはどんな印象でしたか?

近藤沙瑛子:パタヤまでの道は寝ていたんで風景とか見ていなかったんですけど、ついたら海だ!って(笑)。ホテルにもプールがあって、リゾートっていう印象が強かったんです。あとは暑いなって思いました(笑)。

近藤沙瑛子

近藤沙瑛子

白石ぴあの:Instagramにパタヤの写真が上ってて、外装が真っピンクだったり、派手なお店が多くて・・・。「インスタで見たことある!」っていうお店を見つけたので、テンションが上りました。日本の建物より電飾が多くて、ピカピカしてるんです。「写真にキレイに映るんだろうなって」っていうのが印象的でした。

--みなさんもキレイな写真をたくさん撮ったんですね。

青葉ひなり:オシャレな場所がいっぱいあって、カフェとかもすごい派手で。日本だとシンプルなカフェが多いんですけど、タイは絵に描いたようなカフェが多くて・・・。

白石ぴあの:テーマパークの中にありそうな・・・

青葉ひなり:そうそう!テンション上がりました!

白石ぴあの:みんなずっと携帯片手にパタヤを移動していましたね(笑)。

土光瑠璃子:プールとかでも撮影したときに、背景をぼかしても色が綺麗だから、めちゃめちゃインスタ映えな感じでキレイに撮れたんです(笑)。

--これぞという一枚は撮れましたか?

白石ぴあの:これ言っていいかわからないんですけど・・・

--え~、気になりますけど。言っちゃいましょう!

白石ぴあの:偽物の◯◯◯ちゃんのアイスがあって、写真撮ってお母さんに送りました(笑)。

全員:ははは(笑)。

白石ぴあの:レストランにアイスケースが置いてあって、そこに偽物の◯◯◯ちゃんが(笑)。

近藤沙瑛子:かわいいハートとか星とかと、キャラクターものもいっぱいあったりして・・・。

白石ぴあの:すごい美味しかったです!味は本物でした(笑)

青葉ひなり:夜に竹馬みたいなの乗った骸骨の背の高い人がいて・・・。

--パタヤで最も賑やかになウォーキングストリートですね。

青葉ひなり:その人が前から歩いてきたのを撮ったのが、「コレ載せたい!」って思いました(笑)。

 

パタヤービーチでアクティビティ

--パタヤビーチでは、バナナビートに乗っていましたね。

土光瑠璃子:その後にまだ予定があったんで、「ノードロップ」って伝えてたんですけど、途中からスリルが欲しくなっちゃって「スピードアッププリーズ!!」って叫んでました(笑)。

南茉莉花:私は逆にスポード出すのは怖いから、「ノーノー」って(笑)。

--ははは。でも結局落ちなかったんですね。

南茉莉花:落ちなかったんですけど、みんなバナナボートが終わる時には水しぶきでみんなびしょびしょになってました。(笑)

土光瑠璃子:すごい楽しかったです!けっこう遠いところまで連れて行ってくれるんで、景色を楽しみながら、風に吹かれて、いい感じの経験ができました。

近藤沙瑛子:バナナボートは5人乗りだったので、私は乗ってないんですよ。その間、みんなを見つつ、綱渡り?っていうか遊泳出来る区切りの・・・なんていうんだろう?

--わかります、わかります、ウキが連なって水面に浮いてるアレですよね。

近藤沙瑛子:みんなバランスよくその上を走っていくんですけど、3個くらいしか行けなかったです(笑う)

青葉ひなり:わたし1個目で落ちて(笑)。それまで髪の毛とか顔が濡れないように守ってきたんですけど、挑戦したら1個目で落ちて、顔もボーンってなって(笑)。そのあとに茉莉花が歩いてきて、巻き添え食らわせようと思って、「茉莉花もこれやってみてよ」って言ってやらせたら、はじっこまで落ちずに行けたんですよ。

南茉莉花:最後まで落ちずに行ったんですよ!

近藤沙瑛子:ああいうのは多分、「濡れちゃいけない」とか「落ちたら嫌だ」っていう恐怖心がない人の方が上手い・・・。

全員:ははは(笑)。

近藤沙瑛子:「落ちてもいい」って勢いで行く人(笑)。

--動画でありましたね。

南茉莉花:最後に現地の子供と向かいあって「わーっ」ってなって、お互いかわすみたいな(笑)。

土光瑠璃子:あれ動画が終わった直後に、落ちてるんですよ(笑)。

南茉莉花:結局落ちてるんですけど、映像には映ってないです(笑)。

 

パタヤでのワンマンライブ

--パタヤでワンマンライブが行われましたが。

青葉ひなり:会場はホテルの中にあるホールでした。

土光瑠璃子:ホテルがすごく奥行きがあって外の景色が見える感じに窓がいっぱいならんでてキレイでした。セットを見てるような感じで。 茉莉ちゃんのリコメンド公演だったんですよ。

南茉莉花:はい、わたしの。ホテルの横がゴルフ場になっていて、リゾート感のある感じだったので、夏らしい感じを出そうと思って、「THE CIRCUS」のTシャツをメンバーひとりひとりがアレンジしたのと、水着の衣装でライブしました。

--水着は日本から持ってきたんですか?

全員:はい、そうです。

真野彩里愛:わたしは前回タイで買った水着を、日本から持ってきたんですよ。他の水着もオシャレで、日本のデザインとは違うなっていうのも多いので、今回も夏に向けて買って帰ろうかな、って思ってます。

--日本とタイの水着は違いますか?

真野彩里愛:タイは露出度が高い(笑)。結構セクシーなものとかが多くて。

近藤沙瑛子:あとは、安い。

真野彩里愛:安いのに、かっこいい。日本で買うより、半額以下ですよね。

--ライブは盛り上がりましたよね。

南茉莉花:セットリストを夏らしい曲にして、ファンの人も踊れる曲を多めにしたんですよ。そしたら前半の方でファンの人が汗かいてて、後半バテてました(笑)

青葉ひなり:ファンの人の方がバテてたよね。曲が終わってMCになった瞬間、グターって(笑)。

近藤沙瑛子:日本の人はぐったりだったけど、現地の人は元気だったよね。

土光瑠璃子:日本では見たことのな動きをしているタイの方もいらっしゃって、「元気だな~」って(笑)。

近藤沙瑛子:日本の人頑張れ!って思ってた(笑)。

 

海沿いのレストランへ

--ファンミーティングで、海沿いのレストランに行かれていましたよね。

白石ぴあの:めちゃめちゃオシャレでした。そこでギターを弾いている人がいて、その人の演奏で歌えるみたいなのがあったんです。そこで「ドラえもん」とか歌わせていただきました(笑)。

Doraemon~

Festiveさんの投稿 2019年5月31日金曜日

--ファンは大喜びですね!

南茉莉花:ファンの人が帰ったあとなんです(笑)。

土光瑠璃子:他に「ハナミズキ」とか。

青葉:ちゃんは「Beat It」、マイケル・ジャクソンの。

白石ぴあの:「Beat It」歌いました(笑)。

--タイの方も「ハナミズキ」とか知ってるんですね。

白石ぴあの:曲名を言うと、弾けるのは弾いてくれてるんです。

--シーフードは如何でしたか?

真野彩里愛:日本で言うスズキ?それを油で揚げたような。

--プラーガポンですね。

真野彩里愛:そうです、そうです!酸味のあるタレをつけてたべるのが美味しかったです。

プラーガポントードナンプラー(ปลากะพงทอดน้ำปลา)

プラーガポントードナンプラー(ปลากะพงทอดน้ำปลา)

青葉ひなり:貝殻みたいなやつ・・・。

白石ぴあの:ホタテだよ~。

青葉ひなり:ホタテにグラタンみたいなのが乗ったのとか。

南茉莉花:あー美味しかった!

土光瑠璃子:大きいくて長いお皿に、輪切りにされたイカが乗ってる・・・。味はそんなに濃くないんですけど、さっぱりとして、食べやすくて美味しかったです。

 

パタヤでMV撮影?

--パタヤでは、よく日本のタレントさんがグラビアの撮影をしたりするんですよ。

青葉ひなり:あっ、昨日聞きました。SKEさんのミュージックビデオをパタヤで撮っているとか。

--そうなんです!「賛成カワイイ!」という曲はパタヤでの撮影ですね。

白石ぴあの:うちらも撮りたいね。

--実は今回のFES☆TIVEのパタヤ遠征は、MVでも撮影するんじゃないかって、勝手に怪しんでたんです(笑)。

白石ぴあの:ツアーだけだったんです。

--では次回のタイでは、パタヤでMV撮りますか?

土光瑠璃子:撮りたい!

近藤沙瑛子:夏に向けて!

--もしMVを撮るとしたら、っていうイメージはわきますか?

土光瑠璃子:夏の恋愛の曲が歌いたいです。

白石ぴあの:夏の恋愛だったら夜がいい。夜のビーチ。

全員:あー。

土光瑠璃子:夜のビーチに、ちっちゃいライトを並べて・・・わかる?

全員:うんうん。

青葉ひなり:王道というよりも、ちょっとかっこいい、切ないみたいな。

白石ぴあの:夏の終わり?

--次回のタイではぜひMV撮影を!

白石ぴあの:(スタッフさんに)お願いします!

 

魔剤で元気いっぱい! いざ、バンコクのワンマンライブへ!

--さて、いよいよパタヤに続いてバンコクでのワンマンライブですが、朝Twitterにエネジードリンクをアップしてましたね。

青葉ひなり:魔剤ですね(笑)。

全員:ははは(笑)。

青葉ひなり:マネージャーさんが、“魔剤ジャンケン”っていうのをやってくれて・・・。

白石ぴあの:いろんな種類を買ってきてくれて、「せーの」で欲しいのを指さして・・・。

土光瑠璃子:かぶった人はジャンケンっていう(話)。

南茉莉花:ついさっき飲みました(笑)。

白石ぴあの:今めちゃ元気です!

近藤沙瑛子:私だけ魔剤飲めないので、コーラ飲んでました。

青葉ひなり:コーラの魔剤。

--エナジードリンクのことを“魔剤”っていうんですね(笑)。

全員:ははは(笑)

--

インタビュー後に開催されたワンマンライブは、当然のことながら大盛り上がりで大成功!サプライズのファンからのプレゼントでは、メンバーたちが涙をする場面も・・・。

“タイを重視”とのことで、ますますタイでの活動の幅が広がっていくであろうFES☆TIVE。次回の訪タイが楽しみですね!

(インタビュアー 梅本昌男)

 

[バンコクでのワンマンライブの様子]

お祭りアイドル「FES☆TIVE」がタイで姉妹グループ結成へ!オーディションを開催

 

▼関連記事
FES☆TIVE 独占インタビュー2018~もっともっとタイで愛されタイ!
FES☆TIVE独占インタビュー in タイ・バンコク