THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第228回 U-15 Creer fc Cup を終えて… -いとたくバンコク指導記-

2015年3月13日 配信

2015年3月13日掲載

「夢追い人」のタイサッカー珍道中

 ピッチ上で雄叫びを上げる選手達、悔し涙をみせる選手達に触れて”この大会を開催して改めて良かったな”と感じた。バンコクでサッカー大会を開催したい、普段試合を観に来れないお父さん方にも観戦に訪れて欲しいと半ば思い付きで始めた今大会も今回で3回目。今回参加してくれた6チーム、BSS・Girasole・Traill・ASCOT・CFGそしてDeffo Udomsukには本当に感謝している。大会を通して1戦1戦成長を遂げたTraill Inter Teamの初優勝にて大会は幕を閉じた。
我がCreer fcは2チームエントリーをした。中心を張れる選手が10数名、全員に長い出場機会を与えたいとチームを2分割した監督である自分の決断が、短期間に15分5試合を戦うタフな大会方式の中で最終的にはチーム内の選手層の薄さを招いてしまったと感じている。尚且つ「過去3位、2位と来ている。今回は絶対優勝を勝ち獲る大会」と発破を掛け続けた事で、選手達に多大にプレッシャーを掛けてしまったのではと反省している。更に…俺自身選手達を戦術にて雁字搦めにする必要性を感じていない、何故なら日本に帰ってからが勝負だと思っているから。選手達の個性を活かしつつ最低限のサッカーセオリーに基づきチーム作りをしてきた事が、逆にエースを大会中の怪我にて失った事で結果的に”あいつが抜けてしまったため”という個人委譲の雰囲気を生んでしまったのではないかと…準決の連続失点を受けて、切れてしまったように映ったチームを観ながら、こう感じていた。結果、我がCreer fc チームは4位という成績に沈んだ。

「夢追い人」のタイサッカー珍道中

 中学2年生5人がこの春本帰国をする。彼らと共に戦う最後の大会…結果を出して挙げれなかった自分のもどかしさに本当に腹が立つ。俺自身もっともっとサッカーというものを学び続けなければいけないと感じたし、成長を遂げなければいけない。それを成し遂げ続けて初めてU-15 Creer fc Cupの初戴冠を得る権利が与えられるのかな。大会スローガンである「最後にNo.1を決めようじゃねぇか!!」、No.1になれる日を夢見て今大会をCreer fcの…今回優勝を目指して戦った選手達の、そして指導者である自分自身のスタートラインとして踏み台をして行ければ良いのかな。

「夢追い人」のタイサッカー珍道中


伊藤琢矢(いとたく)

アマチュアに拘りプレーを続けた20代。33歳でのプロ契約を期にJリーガーを目指す事に。大宮・岡山・北九州とJリーグ昇格に携わり、自身は36歳でJのピッチに立った。2011年よりタイに活躍の場を移した「夢追人」。
いとたくブログ『夢追人』
Regista in Thailand