THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第100回 もてなしの館、バーンプラノン総評! 「バーン プラ ノン」

2015年9月23日 配信

2014年10月23日 掲載

自腹で泊まったホテル
バーン プラ ノン (Baan Pra Nond Bed & Breakfast)

そういえば素敵な美しいダイニングに、こんなコーナーが・・・

バーン プラ ノン (Baan Pra Nond Bed & Breakfast)

売店もないし、ランチも食べられないけれど、壁際にコーヒーも紅茶、そして反対側にはクッキーが入った瓶が。
どうもこれ、朝食以外の時間にご自由に飲んで食べてください、というコーナーのようでした。素晴らしい。

翌日は早朝発だったので朝食がランチボックス。私はあんまりランチボックスのパンとかが得意ではないので(たいていがさがさ)だったんですが、タクシーを頼んでおいたら、何にも言わないのにきちんと用意しておいてくれました。
サトーンのはじっこから高速代込みで500Bだったのだけど、これがタクシーじゃなくて、旅行者を送るバンみたいなやつ。しかもかなり高級なバン!えっ?これでいいの?ってかんじ。しかも、ホテルの人のような身なりのきちんとした運転手さんが迎えてくれました。
早朝っていうか真夜中、場所柄500Bでもいいか、という感じだけど、ホテルリムジンレベルのきちんとした対応をする運ちゃんで、後にも先にも、この人以上の対応ができる運ちゃんにも会わないかもしれないレベル。お姫様待遇で空港まで行けたので大満足。もしかしたらこのホテルで提携しているのかもしれません。

☆このホテルのよいところ
・とにかくかわいらしい。建物も小物も最高にかわいい
・スタッフが素朴で新設。オーナーの女性はきびきびしています。

☆このホテルの残念なところ
・スーペリア、デラックスカテゴリーは狭い。
・とはいえスイートにしても、そんなにゆっくりくつろげる立地ではない。大通りの目の前なので・・・
・プールが狭い。ない方が良いんじゃないだろうか

☆どんなお客さんにおすすめ?
・スーペリア、デラックスカテゴリーなら仲良しべったりカップル以外にはすすめられません。狭いです
・ホテルでのんびり過ごしたい人には厳しいです。部屋が狭いので部屋で寛げず、おまけに、共用スペースはアウトドア。

とはいえとても楽しくうきうきした滞在がたのしめましたよ!

さーて次はどこのホテルを紹介しようかな!

(記事・写真 吉田彩緒莉)

自腹で泊まったホテル
バーン プラ ノン (Baan Pra Nond Bed & Breakfast)

関連記事

  • 第100回 もてなしの館、バーンプラノン総評!
  • 第99回 ボリュームたっぷりの朝食にびっくり
  • 第98回 歴代ナンバー1「がっかりしたプール」・・・
  • 第97回 シャワーだけのバスルームも素敵!お部屋その2
  • 第96回 コロニアルな白亜の7号室 スーペリアからデラックスまでは部屋狭し
  • 第95回 共用スペース全てオープンエア。暑がり屋さんには厳しい?
  • 第94回 タイスタイルアイスティーでお嬢様気分のチェックイン
  • 第93回 サトーンの隠れ家
  • 吉田 彩緒莉(よしだ さおり)

    お酒大好き、タイ大好き

    ミュージシャンの事務所での会報編集や、国内旅行情報誌の編集・ライター、アイドルサイトのライターなど、ささやかに文でご飯を食べている者。日々たまるストレスを癒すべく「あーあ、貧乏人のオラでも贅沢できる国はないだべか?」とつぶやきながら初めて降り立った タイランド・・・あの日から十数年。 あまりにもコストパフォーマンスのよいタイのホテルにのめり込み、ストーカーのようにタイの最新ホテル情報をチェックしまくる日々。そのため、ガイドブックのホテルページの部屋が違うホテルだったのを、何度も見つけては優越感に浸るインケンさも持ち合わせる。常に貧乏のため、高いホテルではなく、いかにコストパフォーマンスが良いか、どうやったら安く泊まれるのか、ということに喜びを感じているので「オリエンタルホテル、泊まってないじゃーん」とか「ゲストハウスのレポないじゃーん」とは思われるはず。それからタイは好きだけどまだ行っていない場所もあるから、網羅はしてないよ(照)。

    わかりやすすぎるタイトルのブログ「タイ大好き!」で、タイのおいしいお店やら、エピソードをひたすら書き綴り中。
    タイ大好き! http://plaza.rakuten.co.jp/gogoyosee/