THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

第47回 アメニティがハンパない・・・ バンコク「テンフェイス バンコク ホテル」

2015年9月23日 配信

2013年9月15日 掲載

自腹で泊まったホテル
テンフェイス バンコク ホテル
(TENFACE Bangkok Hotel)

いろんなところにコーフンしてしまうホテル…テンフェイスですが、アメニティがいわゆる「オリエンタル、ペニンシュラ、スコタイ、フォーシーズンズ越え」という印象。

というのも、まず、お部屋に案内されて皮貼りのBOXを渡されるんだけどその中には・・・ジンジャー、ホットペッパー、レモングラス、マンゴスチンと4種のナチュラル素材のシャンプー、ソープのほか、TENFACEの刻印が入ったシムカード(つまりケータイが使える)、謎のipod。

「これってどーすんですか?」

って聞いたら、なんと、1階に入っているシータバーのDJさんが「お客様をイメージした音楽を入れています」っていうことらしい。

はぁああああああ?

あたしをイメージ????

アラフォー女子1人旅?・・・もしかして石川さゆりとか入ってね?

ジョーズのテーマだったら自殺もの。いやアダムスファミリーのテーマだったら、即荷物まとめる。
ターミネーターのあの「だだん、だっただん!」だったら、DJ血祭りだな。

え?結局なんだったかって?

忙しくて聴かないまま帰国…どうでもいいかんじだった。ごめんよ、DJ。

ちなみにナチュラル素材のシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ソープは、好みが合えば、その中から毎回同じものにして良いとか。

4種類から選べる枕と言い…安いのにすごすぎます、TENFACE。

他アメニティは、よくある5つ星6つ星で常備されているガウンや、傘、スリッパがシャレオツ・・・。黒でござーる。さらに、傘は折り畳みというものすごい心配り。

テンフェイス バンコク ホテル (TENFACE Bangkok Hotel)

テンフェイス バンコク ホテル (TENFACE Bangkok Hotel)

タイのホテルって、傘を置いてくれるのありがたいんだけど、開けた瞬間ホテルの名前がどどーん、っていう大きめの傘が多いだけに「やべえ、このまま盗んじゃおうかな?」って悪気が起こりそうな、おしゃれなデザインの折り畳み傘はほんっとにありがたかった。スコールタイプの雨が降るタイでは、短時間をしのぐ傘があればあとはどこかに入るよね、ってかんじなので、このサービスはすごいと思った。

で、ウエルカムフルーツにはこんな、タイでは珍しい高級系クッキー。本格的なチョコチップが入っていて、ほんっとにおいしかった。

テンフェイス バンコク ホテル (TENFACE Bangkok Hotel)

テンフェイス バンコク ホテル (TENFACE Bangkok Hotel)

今もこのホテル、安いんです。時期によるかもですが、2000バーツ(6200円※レートによる)なんてことも。

それでここまで細やかに「個人」と向き合うのはすごいの一言。

第48回 ハイソーのたまり場シータバー・・・  続く…

(記事・写真 吉田彩緒莉)

自腹で泊まったホテル
テンフェイス バンコク ホテル
(TENFACE Bangkok Hotel)

関連記事

第50回 ロイヤルファミリーも来るレストランが実は人気・・・ バンコク「テンフェイス バンコク ホテル」
第49回 プールだけは残念・・・ バンコク「テンフェイス バンコク ホテル」

第48回 ハイソーのたまり場シータバー・・・ バンコク「テンフェイス バンコク ホテル」

第46回 お姫様ベッドに昇天! バンコク「テンフェイス バンコク ホテル」
第45回 全室スイート! バンコク「テンフェイス バンコク ホテル」
第44回 テーマは「ラーマキエン」。 バンコク「テンフェイス バンコク ホテル」
第43回 秘密基地みたいなエントランスにビビる。 バンコク「テンフェイス バンコク ホテル」

吉田 彩緒莉(よしだ さおり)

お酒大好き、タイ大好き

ミュージシャンの事務所での会報編集や、国内旅行情報誌の編集・ライター、アイドルサイトのライターなど、ささやかに文でご飯を食べている者。日々たまるストレスを癒すべく「あーあ、貧乏人のオラでも贅沢できる国はないだべか?」とつぶやきながら初めて降り立った タイランド・・・あの日から十数年。 あまりにもコストパフォーマンスのよいタイのホテルにのめり込み、ストーカーのようにタイの最新ホテル情報をチェックしまくる日々。そのため、ガイドブックのホテルページの部屋が違うホテルだったのを、何度も見つけては優越感に浸るインケンさも持ち合わせる。常に貧乏のため、高いホテルではなく、いかにコストパフォーマンスが良いか、どうやったら安く泊まれるのか、ということに喜びを感じているので「オリエンタルホテル、泊まってないじゃーん」とか「ゲストハウスのレポないじゃーん」とは思われるはず。それからタイは好きだけどまだ行っていない場所もあるから、網羅はしてないよ(照)。

わかりやすすぎるタイトルのブログ「タイ大好き!」で、タイのおいしいお店やら、エピソードをひたすら書き綴り中。
タイ大好き! http://plaza.rakuten.co.jp/gogoyosee/