THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ):バンコク・ラマ9の新ナイトマーケット、あの鉄道市場が運営

2021年12月8日 配信
「JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ)」バンコク・ラマ9の新ナイトマーケット、あの鉄道市場が運営

セントラル・ラマ9の駐車場から撮影

バンコクの人気観光スポットである「ラチャダー鉄道市場(タラートロットファイ・ラチャダー)」が更地になってしまい、心にポッカリと大きな穴が空いてしまった感じの人もいるのではないでしょうか。そんな穴を多少なりとも埋めてくれるのが、ラマ9で2021年11月末にオープンしたばかりのナイトマーケット「JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ)」です。


というのも「JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ)」を運営するのは、鉄道市場の会社。実際に「ラチャダー鉄道市場」から「JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ)」に移ってきたお店も何店もあるのだとか。だとしたら、場所は一駅隣で近いし、「新ラチャダー鉄道市場」と呼んでしまっても良いかも?

 

「JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ)」はMRTラマ9世駅下車、Gタワ=裏

「JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ)」がオープンしたのは、MRTラマ9世駅近く、セントラル・ラマ9と並ぶGタワーと、ユニリーバの間の空き地です。

看板には、12月のみの営業のような雰囲気で「This December」と書かれていますが、どうなんでしょう?営業時間は午前11時から深夜まで。やはり涼しくなる夕方以降に訪問するのがおすすめです。

「ラチャダー鉄道市場」よりは規模的には小さくなりますが、おしゃれなファッションや小物のお店が並びます。古着を扱うお店も何店かありました。

ちなみにタイ国政府観光庁のウェブサイトでは早速「JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ)」が、こんな風に紹介されています。

シーナカリン鉄道市場で有名なストリートフード、ドリンク、ミニマルスタイルのカフェから、プレミアムフルーツ&ベジタブルショップ、クールなクラフトやハンドメイド雑貨に衣類、シューズ、バッグ、ジュエリー、ホームデコレーション、ビンテージスタイルの製品などさまざまなアイテムがあり、楽しさいっぱいのマーケットです。

混雑を避けるために平日に訪れたのですが、それでもたくさんの人で賑わっていました。みんなナイトマーケットを求めているんですね。

こんなクラシックカーが並ぶエリアもありました。

 

美味しい料理が並ぶ「JODD FAIRS(ジョッドフェアーズ)」

ナイトマーケットを訪れる人々の一番の目的はといえば、美味しいご飯ですね。

こちらはBLACKPINKリサが大好きだという、タイ東北部ブリラム県のルークチン(肉団子)のお店。

こちらは別のルークチン、そしてソーセージのお店です。

まだまだ、美味しいものがたくさん。

タイヌードルのお店。

「スゴイ」というホットドッグのお店。

「健全」という和食屋さん。

他にも寿司のお店が、何店もありましたね。

大判焼きのお店。

シーフードも外せません。

お酒を飲みたい人も心配ありません。

なお、この日に食べたのは、「ブンラート(บุญเลิศ Boonlert)」のワンタン麺。「ブンラート」は、2021年の「ミシュランガイド」ビブグルマンに選出された名店ですよ!

 

JODD FAIRS(ジョッドフェーズ)

[営業時間]
11:00~深夜
[住所]
Jodd Fairs Rama IX Rd, Huai Khwang, Bangkok 10310
[電話]
092-713-5599
[ウェブ]
https://www.facebook.com/JoddFairs

 

▼関連記事
バンコク・ラチャダー鉄道市場、新型コロナ!!劇的ビフォーアフター