THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

モーチット陸運局で運転免許証更新「定員は1日40人です、朝6時に来てください」<2021年11月情報>

2021年11月17日 配信

モーチット陸運局で運転免許証更新「定員は1日40人です、朝6時に来てください」<2021年11月>

タイの運転免許証の更新。2年前に取得したオートバイの免許証は2021年8月で期限が切れましたが、新型コロナウイルス特例で、期限が切れても利用が可能です。それでも「そろそろ更新をしよう」と、バンコクのMRTチャトチャック駅とBTSモーチット駅から近い、陸運局に行ってきました。<2021年11月半ばの情報です>


午後2時にモーチット陸運局に訪問

11月半ば、モーチット陸運局に到着したのは午後2時頃でした。

運転免許証の更新は4番ビル。入り口でスタッフさんに、外国人は1階の6番窓口だと言われて向かったのですが・・・。

私:「運転免許証の更新をお願いします」
スタッフさん:「今日は定員がいっぱいです。1日の定員は40人なので、朝6時に来てください。」

スタッフさんによると、運転免許証の手続きは外国人は1日40人まで。朝8時から受付がはじまるので、6時頃にビルの前に来て列に並ぶようにとのことでした。

この日は書類の確認だけしてもらい、また改めてモーチット陸運局を訪れることになりました。

運転免許証更新に必要なもの
・運転免許証とコピー
・パスポートとコピー
・労働許可証とコピー(あるいは大使館発行の在留証明書)
・健康診断書(モーチット陸運局の近くのクリニックで150バーツでした)
・更新料金(バイク5年で255バーツでした)
※運転講習eラーニングの合格画面スクリーンショットが必要との情報がありましたが、今回不要でした。
※パスポートを新しくしたばかりでしたが、古いパスポートの確認はありませんでした。

 

朝早くからモーチット陸運局を目指す

後日の朝、まだ暗い中でモーチット陸運局4番ビルへ。

向かって右側のテントが外国人が受付を行う場所。

朝5時半に到着して1番乗りと思いきや、既に数人が並んでいました。椅子の数は40個です。

6時になると20人ほどが着席。7時ではもう満席です。
なお受付が始まる8時には、座りきれなかった10人ほどがテントの外に並んでいました。

結局この日は9時前には新しい運転免許証を受け取ったのですが、帰り際にテントを見てみると、外に並んでいた人たちも受付が出来ていました。見えた受付番号札は46番。どうやら「40人で問答無用の受付終了!」ということではないようです。

8時に受付スタート。書類を確認してもらい、番号札をもらってビルの2階へ。ここの窓口で手続きを行い、3階へ移動して適性検査。「色判断」「奥行き判断」「ブレーキの反応」の非常に簡単なテストをします。

全てのテストに合格なら2階に戻って、窓口で支払いをして、写真を撮って、新しい運転免許証を受け取って終了です。

==

2021年11月半ば現在、朝5時半にモーチット陸運局に到着して、全て終了したのが朝9時前。とにかく待ち時間が長いので、スマホの充電は満タンで向かいましょう!