THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

プラチャウティット通り「ナトーン」が生まれ変わった!あの巨大池は高原リゾート風に!

2021年4月3日 配信

プラチャウティット通り「ナトーン レストラン」が生まれ変わった!あの巨大池は高原リゾート風に!

バンコク・プラチャウティット通りのメンジャイ交差点近く(MRTホワイクワン駅が最寄り)にあるシーフードレストラン「ナトーン・テラス・バー&レストラン(Nathong Terrace Bar and Restaurant)」に行ってきました。



店内に巨大な池があることでお馴染みの「ナトーンレストラン」がコロナ禍に改装を行い、リニューアルオープンしたのが「ナトーン・テラス・バー&レストラン」です。。

改装によって、店内の真ん中に広がる大きな池(下の写真は2014年にナトーン店内を撮影したもの)は姿を消し・・・

高原リゾート風の川と池に変貌を遂げていました。

かつての雑踏とした雰囲気はなくなり、ゆったりとディナーを楽しめる落ち着いた座席になりました。

また店内に、「テラスバー」もオープンしています。

この日はまだ明るい夕方6時頃に「ナトーン」を訪問。「庭」を散歩した後に、まずはドリンクを。こちらはノンアルコールカクテル「Mixed Berry Mojito」(109バーツ)。いくつか試してどれも美味しかったですが、これが一番かも。オススメ!

パッションフルーツ、パイナップル、ライム、クリームの「I’m not blue」は99バーツ。

2人や3人での訪問なら3、4品を頼めばもうお腹いっぱいですが、幸いこの日は大勢での食事。沢山オーダーでき、すこしずつ味わうことができました。

ホタテをチーズで焼いた洋風シーフード料理から

タイシーフード料理の代表格であるカニのカレー炒め「プーパッポンカレー」。色々食べた中で、個人的に一番のお気に入りだったのは「プーパッポンカレー」でした。

料理の写真は、まだ続きます。

シーフード以外に肉料理も。

お腹いっぱいになるころには、外はすっかり暗くなっていました。改めて、ライトアップされた「庭」を散歩してみました。

また、暗くなると生バンドの演奏もスタートします。

この日を締めくくるのは、もちろんスイーツ。

コロナが明ければ、また多くの外国人観光客らで賑わうようになる「ナトーン・テラス・バー&レストラン」。タイ在住者は、今の内に足を運んで、ゆっくりと雰囲気を味わうのが良さそうです。

 

ナトーン・テラス・バー&レストラン Nathong Terrace Bar and Restaurant

[住所]
569, 1 Pracha Uthit Rd, Samsen Nok, samsennok, Bangkok 10320
[電話]
026910641
[ウェブ]
http://www.nathong.com/

<取材協力 Nathong Terrace Bar and Restaurant>

 

▼関連記事
メンジャイの海鮮料理レストラン「ナトーン」がリニューアルオープン
大きな池のあるバンコクの有名レストラン閉店!?
ナトーンレストラン(Nathong Restaurant)は開放感に溢れる人気のタイ料理レストラン