THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクの地下鉄駅で平和的な「国歌斉唱」反政府デモを見た

2020年10月21日 配信

バンコクの地下鉄駅で平和的な「国歌斉唱」反政府デモを見た

日本でも大きく報じられているようにタイでは毎日のように、いや毎日、首相の退陣や王政の改革を求める反政府デモが実施されています。2020年10月20日も反政府デモが実施されましたが、この日のデモは、いつもとは趣の異なるものでした。



Twitterで見た情報によるとこの日のデモは、BTSとMRTの各駅で、反政府デモのシンボルとなっている3本指を掲げながら、国歌を斉唱するというもの。ご存知の方も思いますが、午後6時には流れてくる国歌を、直立不動で聞くというのがタイのルールになっています。(聞こえてこない場所では、その必要はないようです。)

ちょうど午後6時前にMRTに乗車していたので、折角なのでどのようにデモが行われるか見てみようと途中下車してみました。ちなみに、今行われている反政府デモを見に訪れたことは一度もありませんでした。日本大使館からも、出来るだけ反政府デモには近づかないようにと呼びかけが行われていますので。

中心部からは離れた駅なので参加者は多くありませんでしたが、午後6時丁度に国歌斉唱が始まりました。映画「ハンガー・ゲーム」がモチーフになっているという、支配者に対抗するという意味を持つ3本指のサイン。ニュースでは何度も見ていましたが、本物ははじめてみました。

改札前のあちこちに散らばっていた人たちが、言葉もなく合流し一つになり、3本指を立てて、国歌斉唱です。

なお国歌斉唱が終わると、人々はすぐに解散。とても平和的な反政府デモでした。

 

▼関連記事
本日10月20日の反政府デモ、バンコクの全てのBTS及びMRTの駅で開催
人気アイドルがステージ上で反政府の「3本指」サイン