THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ国鉄ピサヌローク駅前の蒸気機関車

2020年8月3日 配信

「行ったことのない街へ行こう!」ということで訪れたのがタイ北部ピサヌローク県。飛行機でバンコクから1時間もかからず到着する、気軽に行ける地方都市です。



ピサヌロークの街中での見どころはタイで最も美しい仏像のある「ワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート」と遺跡、タイの歴史が見られる「チャー・タウィー博物館」、街を流れるナーン川の畔、ナイトマーケット、あとはタイ国鉄ピサヌローク駅でしょうか。

 

タイの新橋?ピサヌローク駅前には蒸気機関車が

駅前に蒸気機関車といえば、東京の人はJR新橋駅を思い浮かべるのでしょうが、ピサヌローク駅にもありました!

置かれているのは、ノース・ブリティッシュ・ロコモティブ社(North British Locomotive Company)製造の蒸気機関車。1919年から1967年まで実際にタイ国内を走っていたものだそうです。

 

ピサヌローク駅のプラットフォームを歩く

タイの国鉄駅は出入りが自由。チケットを購入しなくても、自由に出入りすることができます。そのまま列車に乗り、駅員さんに運賃を支払うこともできます。

訪れた時間には列車はなく、構内はのんびりした雰囲気。列車を待っているのか、またはただ座って時間を潰しているのか・・・。

プラットフォームにはドリアン売りのお姉さん。

構内からも外からも入れる屋台。地方の駅らしく、ゆったりとした時間が流れています。

 

最後に、ピサヌローク駅の駅名標。

 

タイ国鉄ピサヌローク駅