THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイで最も美しい仏像が鎮座するピサヌローク「ワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート」

2020年8月2日 配信

タイで最も美しい仏像が鎮座するピサヌローク「ワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート」

行ったことない街へ行こう!という理由で決まったタイ北部ピサヌロークの旅。航空券を予約したあとで「ピサヌロークには何があるんだろう」と調べてみると、タイで最も美しいといわれる仏像「チナラート仏」が鎮座する寺院「ワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート」があることが分かりました。



「ワット・ヤイ」と呼ばれる「ワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート」

今回宿泊した「トップランド ホテル」からは目と鼻の先にある「ワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート」。地元の人々は「ワット・ヤイ」と呼ぶのだとか。ホテルにチェックインしてすぐ、美しい仏像を求めて足を運びました。

商店や屋台が並ぶ通りから寺院内に入ると、そこには遺跡が。タイ政府観光庁によると「ピッサヌロークは、スコータイ王朝(西暦1238-1378年)とアユタヤ王朝(西暦1350-1767年)の2つの異なる王朝時代を通して繁栄した地であり、1584年にビルマ(ミャンマー)からの独立を宣言したアユタヤの伝説の王『ナレスワン大王』の誕生の地でもあります」とのこと。どうりで周辺を散歩していると、遺跡を見かけるわけです。

こちらがチナラート仏が鎮座されている本堂の外観。雨季真っ只中にも関わらず青空が広がり、正にお参り日和です。

平日にも関わらず「ワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート」には、多くの人々がお参りに来ていました。本来なら、外国人観光客も沢山訪れる場所なのでしょう。

 

タイで最も美しいといわれる仏像「チナラート仏」

こちらがタイで最も美しいといわれる仏像「チナラート仏」。本堂に入った瞬間パチリと1枚写真を撮ると、係員さんから「撮影は座ってお願いします」との注意がありました。前の方に移動し、お祈りを済ませ、座ったまま撮影をさせていただきました。 きっとお参りに来ている人の多くは遠くから来ているのでしょう、ほとんどの人たちが記念撮影をしていました。

チナラート仏

チナラート仏

 

ワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート

วัดพระศรีรัตนมหาธาตุวรมหาวิหาร  Wat Phra Si Rattana Mahathat

[住所]
92/3 ถนน Phutthabucha Alley, Nai Mueang, Mueang Phitsanulok District, Phitsanulok 65000
[電話]
055258966