THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

久々のタイ国内線、搭乗までに一手間増えるも旅行が出来る嬉しさよ

2020年7月7日 配信
久々のタイ国内線、搭乗までに一手間増える

バンコク・スワンナプーム国際空港の入口

コロナ禍でも全てのタイ国内線が運休になっていたわけではなかったですが、2020年7月からの制限解除で、比較的自由にタイ国内を移動することが出来るようになり、多くの路線が運航を再開しました。



タイ国内旅行に出かけよう!お得なプロモも

外国人観光客がいなくなった今、そして海外旅行が出来ない今、国を挙げて「タイ国内を旅行しよう!」という動きになっています。航空券やホテルも、お得なプロモが出たりしていますね。タイ在住者は旅行のチャンスですよ!

今回はタイ・ベトジェットでプロモーションが出たので、タイ南部クラビ行きのチケットを購入。搭乗のため、バンコク・スワンナプーム国際空港へと向かいました。かつての賑わいには程遠いですが、徐々に利用者は増えているようですね。

Eカウンターでチェックイン。7キロまで機内持ち込み荷物は無料。特に持ち込み荷物の重量チェックはなく、滞りなくチェックインです。

 

搭乗エリアに入る前に一手間、AOTのアプリでパスポート登録

チェックインまでは、これまで通りですが、搭乗エリアに入る前に一手間。スマホアプリ「AOT AIRPORTS APPLICATION」で、パスポートの写真のアップロードや、行き先の登録をする必要があります。わからない時はスタッフさんに聞いてください。親切に教えてくれます。

 

国内線機内は社会的距離なし

搭乗口のベンチは社会的距離を空けるため二席飛ばしになっていましたが、機内は全席使用可能。航空機の中は換気が良いのと、国内線は搭乗時間が短いのとで、全席使用可能になったのだそうです。この日のベトジェットは満席でなく、埋まっていたのは6、7割でしょうか。嬉しいことに並びの3席独り占めでした!

定刻通り朝9時35分にスワンナプーム国際空港を出発したベトジェットVZ340便は、予定の11時より大分早く10時35分にクラビ空港に到着しました。到着後、荷物受け取りカウンターの前で、「ThaiChana」でチェックインが必須です。

一手間、正確には、「AOT AIRPORTS APPLICATION」と「Thai Chana」で二手間増えたフライトですが、それでも旅行が出来る嬉しさからすれば、そんな手間くらい何てことはないのです。

次回「クラビ空港からピピ島へ!バスと船を乗り継ぐチケット価格は490バーツ」に続く。