THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイで売られているパソコンの殆どが日本語化不可ですって!?

2019年10月20日 配信

タイで売られているパソコンの殆どが日本語化不可ですって!?

3年ほど使ったノートパソコン。キーボードの一部が調子が悪いなどガタが来ており、そろそろ買い替え時。ネットで色々な機種を見つつも、結局実際に触って決めたいということで、バンコクの電脳タウンとも言われる、MRTラマ9世駅前のフォーチュンタウンに行ってきました。



フォーチュンタウンには、たくさんのパソコン店があるものの、残念ながら日本製は一切ありません。あるのはApple、Microsoft、HP、Asar、ASUS、Lenovo、HUAWAYといったところですね。

探しているのはWindows 10のノートパソコン。それなりのスペックのものが、なかなかお手頃価格で揃っていて、とりあえず欲しい物を決めたところで店員さんに質問です。「これって日本語化できますよね?」

タイで販売されているパソコンなので、キーボードは当然タイ語とアルファベット。タイ語の入力をするのも便利だし、日本語入力はアルファベットで打つのでそれでいいのです が、やっぱりWindows自体は色々操作するので日本語が楽で良いのです。

しかし「これって日本語化できますよね?」という質問に対して、店員さんの答えは「できません」でした。えー、できないの!

実はタイで販売されているWindows 10のノートパソコンのEditionは、ほとんどがWindows 10 Home Single Languageで、英語とタイ語でしか利用できないようになっています。それが安さの秘訣のようですが、とにかく日本語化ができないのです。

確かにどこのお店に聞いても、日本語化できないという回答ばかり。実際確認してみても、Windows 10 Home Single Languageばかり置いてあるのです。

ただし絶対に日本語化ができないわけではなくて、購入後に更にお金を払ってWindows 10 Proにアップグレードすれば日本語化が可能。または最初からWindows 10 Proを買えばいいのですね。(Windows 10 Homeならば日本語化が可能ですが、取り扱いはないようです。)

ちなみに上の写真は、右も左も同じ機種、同じスペックですが、Windows 10 ProかWindows 10 Home Single Languageかの違いで、5000バーツの価格差が付いています。自分でアップグレードすれば、これよりちょっと安いみたいですけどね。

というわけで、タイでパソコンを買うときは、しっかりEditionを確認しましょう。