THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコクエアウェイズでプーケットからサムイ島へのフライト

2018年7月31日 配信

タイ南部、アンダマン海側のプーケットからタイ湾側のサムイ島へ、ビーチリゾートからビーチリゾートへの移動。バスとフェリーを乗り継いで行くこともできますが、半日がかりになりとっても大変。飛行機を利用する場合は、このルートは格安航空会社(LCC)はなく、バンコクエアウェイズの独占なので、価格は少々お高めですが、わずか55分で到着なので楽々です。



バンコクエアウェイズの利用者全員がラウンジの利用が可能

バンコクエアウェイズは、利用者全員がラウンジを利用可能。プーケット空港でも出発検査の前ではありますが、レストランの並ぶエリアにあるラウンジを利用できます。

軽食とドリンクが用意してありますので、「ちょっとお腹が空いた・・・」という時はぜひ。またWi-Fiの利用が可能です。なお、バンコクエアウェイズは短距離のフライトでも機内食が出るので食べ過ぎにご注意を。

出発時間も近くなってきたので、登場エリアに移動です。

 

ATR-72型機でプーケットからサムイ島へ

プーケット=サムイ島で使われている機材はプロペラ機のATR-72。左右二列づつの小さな機体です。

「バンコクエアウェイズにご搭乗のお客さまが目的地まで空腹になることはありません。」ということで、プーケットからサムイ島までわずか55分のフライトですが、機内食が提供されます。

機内食を食べ終え、少しゆっくりしようかな・・・と思っていたのですが、もうサムイ島はすぐそこです(笑)。

あっという間の55分でした。今回のフライトのチケットは日本円にして1万円強で購入。LCCだけでなく、他のルートの同じような距離のフライトと比べると高額なのですが、それはサムイ島空港がバンコクエアウェイズ所有で、サムイ島へのフライトをバンコクエアウェイズがほぼ独占しているため。

そんなこんなでトロピカルな雰囲気に溢れるサムイ島空港に到着です!

サムイ空港はトロピカル感満載のブティックエアポート