THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

Agoda.comがキナバル山の頂上を目指してマレーシアのホテルを大特価でご提供

2015年9月20日 配信

agoda

シンガポール(2013年5月2日)

ナスダック証券市場に上場する米国Priceline Group(Nasdaq:PCLN)のグループ企業で、世界中のホテルを取り扱うアジア大手のホテル予約サイトAgoda.comが、美しいキナバル山への絶好の登頂シーズンに合わせて、マレーシア・コタキナバルのホテルを大特価新規価格でご提供します。キナバル山は、市街地より約50キロの場所に位置し、初めての海外登山にもおすすめです。

南アジアの最高峰キナバル山は、特別な技術を要せずともほとんどの人が登頂に成功できる山として知られています。標高4,093メートルの山頂では、雪が降ることはほとんどありません。山頂までの登山道は、登り始めは湿度の高い低山林帯、そして山頂では気温が極度に低い亜高山帯と、6つ の異なる植生帯が目まぐるしく変化します。ただし、霧がかかったり、午後には雨が降ったりすることもあり、非常に薄暗い視界や強風、気温の急な低下など気 候の変化が早く危険を伴う場合もあります。そのため、登山時間を最小限にし、ベストなコースを登るお決まりの登頂スケジュールに沿った登頂が推奨されま す。

多くの登山者は、登山を終了するまで2日程度かかります。登山口にて登山許可料、入園料、保険料(122リンギットまたはUS 40ド ル)を支払い登山開始です。ここでは同時に、登山に必須の山岳ガイドを雇うことができます。初めての海外登山におすすめと言っても、登山には危険が伴いま す。山岳ガイドは、高山病の兆候や疲労状態を観察しながら、登山者が安全に登頂できることを常に配慮してくれます。登山中は必ずガイドのアドバイスに従い ましょう。キナバル山では死亡事故も発生していますが、そのほとんどが、ガイドのアドバイスを無視し、自分からコースを外れてしまったことを原因としてい ます。決して間違いは起こさないようにしましょう。

緊張感を保ちつつ、バスでティンポンゲートまで乗り付け、登山の開始です。登頂前半のゴールは、ラバン ラタ キャンプです。ここで多くの登山者が、高度に体を慣らしながら、翌朝に迎える最後の一押しに備えてゆっくりと一夜を過ごします。

翌朝は、「朝」と言っても、午前2時半頃に出発するのがベストです。ここからは、ゆっくりと確実な登頂が求めらます。午前6時 頃には山頂に到着するでしょう。天候が良い日に山頂から望む眺めはすばらしく、何を言っても控えめな表現になってしまいます。フワフワとした雲の塊の向こ うから朝日が昇ってくる光景は、想像をはるかに超える美しさです。下山は登りよりは多少楽ですが、まだまだ困難な道のりが続きます。下山を終える頃には2日目の午後を回っていることでしょう。豪華な食事や冷たい飲み物が待ちきれないはずです。

コ タキナバルの都市自体も、観光地として訪れても大変楽しめる場所です。マレーシア・サバ州の州都でもあるこの都市は、観光、交通、政治、経済などの主要地 へのハブとして知られ、ビーチ、公園、博物館など、それぞれの目的でこの地を訪れる観光客を楽しませてくれる観光スポットが多く存在します。街は、中華 系、インド系、マレー系、フィリピン系などの様々な宗教や民族が入り乱れる豊かな多文化遺跡であふれ、もちろん食べ物も絶品が味わえます。

マレーシア・キナバル山への旅行を計画している場合は、以下のホテルをチェックして、Agodaが提供する特別価格をぜひご利用ください。

KK スイーツ レジデンス アット マリーナ コートリゾート コンドミニアム 2つ星
うれしい15% OFF! 2014年1月4日まで有効。

ザ パシフィック ステラ  5つ星
20% OFFでハッピー! 2013年12月31日まで有効。

ザ マジェラン ステラ  5つ星
うれしい20% OFF! 2013年12月31日まで有効。

ザラズ ブティック ホテル アット ハーバー シティ  3つ星
10% OFFでハッピー! 2013年12月24日まで有効。

タンブナン イン  1つ星
うれしい30% OFF! 2013年5月31日まで有効。

チューン ホテル – 1 ボルネオ コタキナバル  3つ星
50% OFFでハッピー! 2013年6月30日まで有効。

ザ ジェッセルトン ホテル  3つ星
うれしい30% OFF! 2013年12月31日まで有効。

Agoda.comが提供する世界中のホテル特別価格はwww.agoda.jpでチェックできます。また、Facebook:www.facebook.com/agoda、Google+:http://plus.google.com/+agodaでもぜひagodaをチェックしてみてください。