THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

agoda.comがタイのローイクラトン祭りをライトアップ

2015年9月20日 配信

agoda

シンガポール(2012年11月7日)

米国Priceline Group (Nasdaq:PCLN )のグループ企業である世界大手のホテル予約サイトagoda.comが、タイのホテルを大特価で提供し、美しくロマンティックなタイの祭りローイクラトンを楽しむお手伝いをします。

ローイクラトンは、多くのタイ人が毎年心待ちにし、数百年前から続くタイの伝統的な祭りです。この祭りは、陰暦12月の満月の夜(今年は11月28日)に行われます。川に灯篭を流し、人々にとってかけがえのないものを与えてくれる水の女神、「プラ メー コンカ」に感謝を捧げることが祭りの目的です。タイでは、現在も農業に従事する人々が多く、水は国の発展にとって欠かせないものと考えられています。そのため、ローイクラトンの夜には、今まで何百年もそうしてきたように、大勢の人々が川、池、湖、運河に集まります。

ローイクラトンは、タイ人だけでなく、誰もが参加できる祭りです。木、バナナの葉、花、線香、ロウソクで飾られた灯篭の「クラトン」は、祭りの夜であればどこでも購入することができます。「ローイ」は「流す」という意味で、ロウソクや線香に火をつけて願い事をしたのち、川や池に灯篭を流します。また、「罪や汚れを水に流して、魂を清める」という意味を込めて、髪や爪をそえて灯篭を流す人もいます。

また、「コムロイ」と呼ばれる熱気球を空に放つことが、ローイクラトンのもうひとつのハイライトです。特にチェンマイのコムロイは有名で、数千の熱気球がゆっくりと空に吸い込まれます。カップルで手をつなぎながらコムロイの光が小さくなっていくのを見つめれば、チェンマイ旅行の幻想的な思い出の1ページとなるでしょう。コムロイを放った後は花火が打ち上げられ、にぎやかに祭りを盛り上げます。

ローイクラトンで灯篭を流す際は、自然の素材から作られた灯篭を購入するようにしましょう。スタイロフォーム製やプラスチック製の灯篭を使用してしまっては、水の女神に感謝するどころか本末転倒になってしまいます。もしそのような素材の灯篭が販売されていても、自然素材の灯篭を購入するよう心掛けましょう。

ローイクラトンはタイ全土で行われますが、特に有名な都市がいくつかあります。古都スコータイとアユタヤでは、世界遺産の遺跡がロウソクでライトアップされます。バンコクでは、大きな池のあるルンピニー公園、ベンジャシリ公園、ベンジャキット公園、チャオプラヤー川沿いの公園で、大規模なイベントが開催されます。北方のチェンマイでは、中心部を囲う城壁にそって灯篭を流すので、幻想的な光景を目にすることができるでしょう。

灯篭を流す場所に厳格なルールはありません。ローイクラトンに集まった人々の後をついて行けば、灯篭を流すのにぴったりのロケーションに辿り着けるはずです。agoda.comによるタイのホテル大特価を利用して、タイの伝統的なタイの祭りを楽しんでみてはいかがでしょう。

アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート アンド スパ(バンコク、5つ星)

チェックイン日の3日前までに予約をすれば15%割引。2013年10月31日まで有効。

 

シャングリラ ホテル (バンコク 、5つ星)

チェックイン日の7日前に予約をすれば10%割引。2012年12月28日まで有効。

 

J&J ゲストハウス (スコータイ、2.5つ星)

2012年11月30日まで11%割引。

 

チェンマイ プラザ ホテル (チェンマイ、4つ星)

2012年11月30日まで10%割引。

 

アヨハラ ヴィレッジ(アユタヤ、3つ星)

2012年11月30日まで20%割引。

【2012年11月7日】