THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

agoda.jp がデルタ航空とパートナー提携

2015年9月20日 配信

agoda

シンガポール(2011年5月12日) – ナスダック証券市場に上場する米Priceline.com Inc. (Nasdaq: PCLN) のグループ企業で、世界中のホテルを取り扱うアジア大手のホテル予約サイトagoda.jp は、デルタ航空 (NYSE: DAL) とのパートナー提携を発表した。この度のパートナー提携により、デルタ航空のスカイマイル・マイレージサービス会員は、agoda.jp でホテル予約をした際、マイレージの獲得ができるようになる。

デルタ航空は、年間旅客数1億6,000千万人以上の世界最大の航空会社である。保有機数は700以上で、日本は成田、アムステルダム、パリ、アメリカ国内の数箇所に拠点がある。デルタのネットワークは就航国64カ国、就航地346都市に及ぶ。

スカイマイル・マイレージプログラムは、今年で30年目に入り旅行業界で最も歴史が長く、成功しているポイントプログラムの1つとして知られている。デルタ航空のマイレージプログラムは、デルタ、デルタシャトル、デルタコネクション、加盟航空会社からなるスカイチームを利用した際に、区間マイルの100%以上のマイルが貯まることを含め、マイレージ獲得の機会が多くある。加えてグアム、韓国、フィリピンの提携ブランドのクレジットカード利用を含め、提携ホテル、銀行、他航空会社の利用でもマイレージ獲得の機会がある。そして、マイル償還方法は、航空チケット、カーレンタル、ホテル予約など多岐に及ぶ。

デルタ航空の利用者は、提携ブランドの5カ国語対応のランディング・ウェブサイトを通じて、インスタント予約確認ができる130,000軒以上のagoda 宿泊施設を閲覧し、簡単でスムーズにホテル予約ができるようになっている。また、agoda のサイトは英語が母国語でない利用者のために日本語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、タイ語、フランス語、ドイツ語を含む32ヶ国語を提供。デルタマイレージ会員は、agoda のホテル予約でマイレージ獲得ができるだけでなく、宿泊料金4%相当のagoda リワードポイントも獲得できるようになっている。

今回の提携についてagoda の北アジア地域・最高業務責任者のフィルフレッド・ファン氏が、下記のコメントをしています。「デルタ航空の利用者が、広域なポイントプログラムのネットワークを通じて、agoda 宿泊施設にアクセスできる今回の提携に大変興奮しています。また、弊社のウェブサイトとカスタマーサポートは、デルタ航空と加盟航空会社からなるスカイチームのアジア就航国で使われる全ての言語に対応しております。」

スカイマイルプログラム、メダリオンステータス、マイレージ償還オプションの詳細情報についてはdelta.com を参照して頂き、agoda.jp の詳細情報についてはPR@agoda.comまでご連絡下さい。

編集者への一言

agoda Company 株式会社 について:

agoda 株式会社 (www.agoda.jp ) は、どこよりも安い料金の確保を専門とし、オンラインでホテル予約サービスを提供しています。agoda.jp は米Priceline.com (Nasdaq:PCLN) のグループ会社として、世界中で130,000軒以上ものホテルとネットワークを構築しています。500 人以上のスタッフが、ビジネス客と観光客に最適なホテルの予約を提供できるよう、現地情報と取引関係を独自に活用し一流の予約サービスを提供します。

さらに、agoda リワードプログラムに参加しているお客様は、宿泊の割引や、貯まったポイントを利用して無料で宿泊することもできます。旅行者に利用可能なホテルを限定するプログラムとは異なり、agoda リワードプログラムは、いつでも、世界中のホテルに対してポイントが利用できるようになっています。太平洋アジア観光協会 (PATA) のメンバーであり、agoda はより多くの旅行者に簡単、そしてもっとお手頃なお値段で旅行を提供することを目的としています。

【2011年5月12日掲載】