THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

『波涛を越える渡り鳥』-映画

2015年9月23日 配信

波涛を越える渡り鳥

小林旭の渡り鳥シリーズ第6作。シリーズ初の海外ロケで、香港とバンコクで撮影。英題は「The Rambler under The Southern Cross」。



香港、タイを舞台に秘宝を巡って渡り鳥・伸次、ギャング団、殺し屋ラオスの虎が対決する。初めて東南アジアに海外ロケを行った『渡り鳥』シリーズ第6弾。

街から街へと流れ行く渡り鳥・滝伸次は、横浜で国際的ギャング団に襲われた貿易商・松本を助けた。その時、ギャングの一員が死んだ兄・昭次のネックレスを身に着けているのを見た伸次は、兄の死に疑惑を抱く。伸次はネックレスの持ち主が香港のギャング、ジェラールであることを突き止め、兄の死の真相を探るべく香港に飛んだ。香港では松本の妹・則子が待っていた。彼女は兄に頼まれた書類をバンコクで研究を続ける恋人・南条に届ける途中だった。だがその夜、ホテルの則子の部屋にまたもやジェラール一味が書類を奪おうと押し入った。伸次はバンコクに行けば手掛かりがつかめると、則子とともにバンコクへ飛ぶ。伸次はキャバレー・サムロにギターを抱え、流しに入ると、またもやジェラール一味が押し入り、客の金銀を奪って逃走した。伸次は後を追おうとするが香港から来たリイに止められる。ジェラール一味の幹部にはラオスの虎と呼ばれる早射ちの名人がいるので、追っても無駄だというのだ。ジェラールたちはボスの命令で、アユタヤのロチャ家にあるジルコン鉱山の権利書を狙っていた。そんな時、アユタヤにいるはずの南条が行方不明になったという報せが入る。「南条さんの地図、俺の兄貴の死、ジルコン鉱山の権利書。アユタヤに行けばこの3つの関係がわかるかもしれない」。伸次と則子はアユタヤへと向かう。 https://www.nikkatsu.com/movie/20512.html

『波涛を越える渡り鳥』 - 映画
amazon.jp 波涛を越える渡り鳥 より

波涛を越える渡り鳥

[監督]
斎藤武市
[原作]
原健三郎
[企画]
児井英生
[出演]
小林旭 宍戸錠 浅丘ルリ子 白木マリ 小高雄二 金子信雄 近藤宏 清水将夫 木浦佑三 藤村有弘 深江章喜 瀬山孝司 伊藤寿章 初井言栄
[公開]
1961年
[配給]
日活
[舞台]
バンコク、トンブリの丘墓地、チャオプラヤ川、オリエンタルホテル、アユタヤ舟着場、アユタヤ露店、ジルコン鉱山、ドンムアン空港、チュラロンコン大学