THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

バンコク都、2022年1月15日まで娯楽施設の閉鎖を延長

2021年12月30日 配信

バンコク都、2022年1月15日まで娯楽施設の閉鎖を延長

バンコク都は、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、バーやパブといった娯楽施設の一時閉鎖を、2022年1月15日まで延長しました。


バンコク都のアサウィン・クワンムアン知事は2021年12月29日、都内における防疫措置に関する「バンコク都告示第48号」を発表しました。

1.   2021年11月29日発表で示された、娯楽施設などの会場閉鎖の延長。延長は2022年1月15日まで、またはそれ以降の通知まで有効。

2.  2021年12月17日発表で示された、年末年始に特別に許可される場所やイベントについては、バンコク都の発表に従わなければならない。違反者は、感染症法(2015年)第51条に基づいて起訴され、懲役1年か罰金2万、またはその両方を科せられる。また、非常事態令(2005年)第18条に基づき、2年以下の懲役か4万バーツの罰金、またはその両方を科せられる可能性がある。

Bangkok Extends Closure of Entertainment Venues Until January 15|NNT

--

娯楽施設の再開は2021年1月16日の予定と伝えられていますが、オミクロン株が拡大する中、再開は実施されるのでしょうか。

 

▼関連記事
バンコク都、オミクロン株対策で年末年始の祝賀イベントは開催中止

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   スポンサーリンク