THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

新型コロナ陽性のイスラエル人がバンコクから逃走~パタヤ、そしてサムイ島へ

2021年12月22日 配信

新型コロナ陽性のイスラエル人がバンコクから逃走~パタヤ、そしてサムイ島へ

タイに到着後に新型コロナウイルス陽性が確認されたイスラエル人男性が、隔離施設から逃走。パタヤを訪れた後、サムイ島へ向かったことが確認されています。


タイ国営メディアNNTによると、2021年12月17日にタイに入国した「オハド氏」という男性は、RT-PCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性が確認されました(株は未確定)。彼はバンコク・スクンビット通りのホテルに隔離されていましたが、治療を拒否して逃走し、タクシーに乗ってチョンブリ県パタヤへ向いました。

しかし彼は、旅行書類の提出を拒否したためホテルから宿泊を断られ、12月19日にパタヤからバンコクに戻り、黒いアルファードをレンタルして南に向かったとされています。

12月20日に捜査員は、彼がチュンポン県に到着した後にスラタニ県・サムイ島に向かったところを目撃。現在当局は、スラタニ県警察と連絡し、彼の行方を追っています。

隔離施設から脱走した陽性外国人男をサムイ島のレストランで確保、警察は逮捕状を請求