THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ初、オミクロン株の市中感染を確認

2021年12月20日 配信

タイ初、オミクロン株の市中感染を確認

タイCOVID-19状況管理センター<CCSA>は2021年12月20日(月)、タイで初めて新型コロナウイルス「オミクロン株」の市中感染を確認したと明らかにしました。


「オミクロン株」の市中感染が確認されたのは、タイ人女性(49歳)。彼女は、夫であるコロンビア人パイロット(62歳)から感染しました。

発表によると、夫は11月26日にナイジェリアから飛行機でタイに到着し、バンコクのサンドボックス用ホテルに宿泊。そこでのPCR検査の結果は陰性でした。

その後夫婦は自宅で一緒に過ごしていましたが、夫に発熱と喉の痛みがあり、12月7日に検査をしたところ陽性で、オミクロン株が確認されました。さらに濃厚接触者である妻の検査を行ったところ。12月10日に陽性が確認されて、オミクロン株が検出されました。


▼関連記事
タイでオミクロン株63例を確認、隔離なし入国「テスト&ゴー」停止も視野