THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

アントニー・ブリンケン米国務長官の訪タイ中止、同行の記者が新型コロナ陽性

2021年12月16日 配信
アントニー・ブリンケン米国務長官の訪タイ中止、同行の記者が新型コロナ陽性

ワシントンDCのイメージ

在タイ米国大使館は2021年12月15日、アントニー・ブリンケン(Antony John Blinken)国務長官が、タイ訪問を中止したと発表しました。アントニー・ブリンケン国務長官は、12月15日から16日までのタイ訪問が予定されていました。


アントニー・ブリンケン国務長官のタイ訪問中止の理由は、米国代表団の東南アジア訪問に同行しているジャーナリストの新型コロナウイルス陽性が確認されたため。

12月15日にアントニー・ブリンケン国務長官はタイのドーン・ポラマットウィナイ副首相兼外務大臣と会談し、タイを訪問できないことに深い遺憾の意を表明。新型コロナウイルス感染拡大のリスクを軽減するため、また米国の旅行団と接触する可能性のある人々の健康と安全を優先するため、細心の注意を払ってワシントンDCに戻る予定であることを説明しました。

 

▼関連記事
ブリンケン米国務長官がタイを公式訪問、12月15日~16日