THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

映画「ザ・ビーチ」のマヤビーチ、2022年元日から再開

2021年12月14日 配信

レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台となったことで人気に火が付いた、タイ南部クラビ県ピピ・レイ島にあるマヤビーチ。しかし多くの旅行者が訪れるようになったことで環境が汚染され、サンゴが死に、魚も減少。2018年からは環境回復を目指して閉鎖となっています。

 


そんなマヤビーチが、2022年1月1日より再開となり、1日4,000人が訪問できるようになります。

なお旅行者がマヤビーチに入れる時間は、午前7時から午後6時まで。船は375人乗りで、1日11便まで。浅瀬でのシュノーケリングは1日22回まで(おそらく1人2回)。1回のシュノーケリングは45分、水中での滞在時間は1時間です。またまた、12月20日からは、QueQアプリで訪問予約をすることができます。

旅行者は、マヤビーチに到着する前に国立公園の規則を厳守し、その地域にごみを放置しないように指示されます。

 

ザ・ビーチ(The Beach)

2000年公開
それは、禁断の場所──そして恐怖が始まった。 バンコクを旅するリチャードは、安宿でダフィと名乗る奇妙な男から“伝説のビーチの話を耳にする。そこは美しすぎるほどに美しく、全ての日常から解放される夢の楽園──。その翌日、1枚の地図を残しつつダフィは変死。リチャードは地図のコピーを手にし“伝説のビーチを目指す。しかしそれは狂気に満ちた世界のはじまりだった……。
https://amzn.to/31VrUoH

ザ・ビーチ(The Beach)

ザ・ビーチ(The Beach)

 

▼関連記事
ピピ島・マヤビーチが2022年1月にも観光客の受け入れ再開へ
マヤベイを独占!ピピ・レイ島へ貸し切り船で1500バーツの旅