THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

タイ保健省、ホリデーシーズンに向けて飲食店の厳格な感染予防ガイドラインを発表

2021年12月11日 配信

タイ保健省、ホリデーシーズンに向けて飲食店の厳格な感染予防ガイドラインを発表

年末年始のホリデーシーズンが近づくタイ。保健省は2021年12月11日、すべてのレストランに次の予防措置を厳守するように呼びかけを行いました。


【飲食店が守るべき厳格な感染予防ガイドライン】
・客が去った直後にテーブルを清掃し、清掃済みであることを示すサインを表示する。
・1~2時間ごとに、すべての接触部とトイレを消毒する。
・食器類を清潔に保ち、共有する料理には別のスプーンを用意する。
・ビュッフェやセルフサービスのカウンターでは、客に手袋を提供する。
・すべてのテーブルか、容易に手の届くところにアルコールジェルのボトルを置く。フードコートでは、すべてのブースに客が使用できるアルコールジェルのボトルを置く。
・テーブル間の距離を、1〜2メートルあける。スペースがない場合は、各テーブルをパーティションで区切る。エアコン付きのレストランでは、各テーブルが2メートル離れている必要があり、食事をする人が向かい合って座ってはいけない。レストランは混雑してはいけない。
・客が滞在するのは2時間以内とする。
・すべてのレストランは換気がよく、エアコンをつける少なくとも30分前にはすべてのドアと窓を開ける必要がある。可能であれば、レストランは1時間ごとに換気を行い、常に換気扇をつけておくこと。
---

さらにレストランは、客が「ThaiSaveThai」アプリケーションを介してログインすることを確認する必要があります。また客は、食事をするときを除いてはマスクを着用する必要があります。さらにエアコン付きのレストランは、完全にワクチン接種した人、または7日以内のATK検査での陰性証明がある人のみにサービスが提供できます。