THAILAND HYPERLINKS ไทยแลนด์ ไฮเปอร์ลิงค์ タイ旅行やタイ生活とタイエンタテイメントのポータルサイト

韓国の新ガールズグループ「H1-KEY」、タイ人メンバーSITALAにタイ国内から不満の声

2021年12月8日 配信
韓国の新ガールズグループ「H1-KEY」、タイ人メンバーSITALAにタイ国内から不満の声

GRANDLINE GROUP(GLG)

2022年1月5日にデビューする、韓国のGRANDLINE GROUP(GLG)所属のガールズグループ「H1-KEY」。メンバーの1人にタイ人のシタラ(SITALA)が選出されましたが、シタラに対してタイ国内から不満の声が上がっています。


現在タイでは、反政府(軍事政権)や王室改革を求めてデモが度々行われています。そんな改革派らは、シタラが「H1-KEY」のメンバーに選ばれたことが不満のようです。

というのも2020年に亡くなったシタラの父は、かつて俳優・映画監督として活動したサルンヨー・ウォングックラチャン氏と伝えられており、2014年のクーデターで重要な役割を果たした人民民主改革委員会の支持者であったとされています。また、コリアタイムスによるとサルンヨー・ウォングックラチャン氏は、軍事政権を支援するプロパガンダ映画を制作・公開したと伝えられています。

シタラは先日公開したプロフィールで「私のロールモデルは父だ」と記載。さらにシタラも父らと共に政治集会に参加した事があることなどが指摘され、シタラを「H1-KEY」のメンバーから外す呼びかけがはじまりました。

シタラが所属するGRANDLINE GROUP(GLG)は2021年12月8日、SNSで声明を発表。「既に故人となった父親の行為などを理由にシタラに不利益を与えることはできない」として、メンバー変更は行わない旨を明らかにしました。